きゅーいちのあれ(仮)

だいたい野球のこと

選手権群馬大会3回戦 前橋商―桐生工 明暗を分けた中盤の攻防

桐生工の先発は力強いストレートを投げ込むサウスポーの松村。初回コントロールが定まらず、3つの四死球で1アウト満塁とすると、5番大谷レフトへの犠牲フライで前橋商が先制します。

 

前橋商の先発はこちらもサウスポーの戸谷。130km/h中盤のストレートが武器の投手ですが、こちらも初回制球が定まらず、2つの四球で2アウト1,3塁のピンチを向かえます。しかしここは5番長谷川をショートゴロに打ち取り、ピンチを切り抜けます。

 

その後も両投手制球が安定せず、毎回ピンチを作り、前橋商は3回に6番岩崎イムリ1点を追加。桐生工もその裏、1アウト2塁から3番白砂の右中間真っ二つのイムリー3ベースで1点差と詰め寄ります。なおも同点のチャンスに4番の

 

ここで前橋商バッテリーは制球が定まらないストレートから変化球主体の配球に変えます。これが功を奏し、島を変化球を引っかけさせ、ショートゴロで3塁ランナー動けず2アウト。5番長谷川には変化球でストライクを先行させ、最後はストレートで空振り三振、同点のピンチを切り抜けます。

 

直後の4回、前橋商は1アウト2塁から、1番都丸レフトへのタイムリ3点目をあげると、2アウト2塁から3番小暮が変化球を上手くセンターに弾き返し4点目。ピッチャーが松村から西田に代わり、四球を挟み、5番大谷がライトフェンス直撃のタイムリー3ベースでさらに2点を追加、続く6番岩崎のショート内野安打で1点を追加し、この回一挙5点を奪います。

 

その裏、戸谷が初めて三者凡退に抑え、5回からは右腕の唐澤が4イニングを1安打無失点ピッチング。最後は2年生右腕星野が1イニングをしっかり抑え、前橋商がベスト16に進出しました。

 

選手権群馬大会3回戦 城南球場

前橋商 101 500 001|8 戸谷(4)、唐澤(4)、星野(1)

桐生工 001 000 000|1 松村(32/3)、西田(31/3)、堀田(2)

 

  前橋商   打安点   桐生工   打安点

5   都 丸 211  8  横 倉 200

9   森 澤 500  7  森 田 310

8   小 暮 311  6  白 砂 411

6   吉田晃 300  3   島  300

3   大 谷 412  9  長谷川 400

2   岩 崎 422  4  三 田 310

7   蛯 谷 200  (4)赤 石

(H) 戸 塚 000  (H)堀 江 100

(7) 別 府 000  5  藤 生 300

1   戸 谷 110  1  松 村 100

(H) 井 上 100  (1)西 田 100

(1) 唐 澤 000  (H)園 田 000

(H) 温 井 110  (1)堀 田

(R) 楠 美      (H)羽 広 100

(1) 星 野      2  田 村 310

4   中 島 210

(H) 吉田蓮 000

(R7)鈴 木 000

 

投手成績

前橋商 回  安四三責  桐生工 回   安四三責

戸 谷 4  3321  松 村 3.2 4505

唐 澤 4  1200  西 田 3.1 3512

星 野 1  0010  堀 田 2   1201

選手権群馬大会3回戦 富岡―東農大二 我慢の延長12回の闘い

シードの農大二は注目のエース經田がこの大会初登板。初回はテンポよく3者凡退で終えます。

 

富岡の先発は背番号17のサウスポー寺島。100km/h台の変化球を低めに集め、毎回ピンチは作るものの、要所要所を締め、農大二の強力打線を無失点で抑えます。

 

初回は完璧に抑えた經田ですが、コントロールが乱れ、2アウト満塁のピンチを作ると、富岡9番矢野三遊間を破るタイムリ先制。さらに続く1番竹井が右中間を深々とやぶる走者一掃タイムリー3ベースでさらに3点を追加。この回4点を先制します。

 

さらに富岡は5回には2回途中からリリーフしている菅澤を攻め、1アウト1,3塁のチャンスを作り、4番櫻澤はスクイズを仕掛けますが、バットが空を切り、3塁ランナーがタッチアウト。櫻澤も三振に倒れ、菅澤がピンチを切り抜けます。

 

毎回チャンスは作るが、点に結び付かない農大二は5回。2アウトから2番菅澤がショート内野安打で出塁し、2塁へ盗塁。これをキャッチャーが悪送球をし、3塁へ。3番稲葉レフト前タイムリでようやく1点を還します。

 

さらに6回。先頭の經田は先発の寺島にボールが慣れてきたのか粘りをみせます。ここはファーストゴロに倒れますが、続く6番依田の代打野村がレフトフェンス直撃の3ベースヒットで出塁。続く7番田中は死球で出塁し、8番大塚はセカンドゴロ。セカンドは併殺を狙いショートへ送球します。しかしショートが併殺完成を焦ったか、送球が取れず、3塁ランナーは生還。なおも1アウト1,2塁のピンチから9番中島は死球。1番寺嶋はショートゴロ、併殺取れずに3塁ランナーが生還し、1点差とします。

 

続く7回にも、農大二は前の回からリリーフしている山田を攻め、2アウト2塁とし、7番キャプテンの田中ライト前のタイムリでついに同点に追いつきます。

 

直後の8回、富岡は1アウト1,2塁のチャンスを作りますが、6番神戸が併殺に倒れ、勝ち越せず。

 

農大二は9回裏に1アウト満塁のサヨナラのチャンスを向かえますが、7番田中はチェンジアップで三振、8番大塚もセカンドゴロに倒れ、富岡ピッチャー山田が絶体絶命のピンチを切り抜けます。

 

延長戦に突入し、両者一歩も譲らず向かえた延長12回裏、農大二の攻撃。2アウトから8番大塚が四球、9番中島が2ベースヒットで繋げると、1番寺嶋は敬遠で歩かされ、2アウト満塁。最大のチャンスに代打の小亀が振り抜いた打球はレフトオーバーのサヨナラタイムリとなり、延長12回に決着をつけました。

 

富岡は2回の集中打は見事でした。6回に1点差まで迫られたときはこのまま農大二が押し切るだろうと思いましたが、同点に追いつかれたあとよく粘り、山田の好投が光りました。

 

農大二は8回1/3を無失点と好リリーフした菅澤が流れを呼び込みました。延長11回からリリーフした2年生左腕の阿部も見事でした。ただ經田の乱調は気がかりです。なんとか立ち直ってこの勝ちとともに勢いに乗ってほしいです。

 

選手権群馬大会3回戦 城南球場

富 岡 040 000 000 000|4 寺島(52/3)、山田(6)

農大二 000 012 100 001|5 經田(12/3)、菅澤(82/3)、阿部(2)

 

  富 岡    打安点   農大二   打安点

4   竹 井 513  6   寺 嶋 601

2   鈴 木 300  7   諸 藤 100

(2) 富 岡 210  (1) 菅 澤 320

61  山 田 420  (H) 寺 口 110

5   櫻 澤 100  (R) 加 藤

9   吉 原 300  (1) 阿 部

3   神 戸 510  (H) 小 亀 111

7   山 口 100  8   稲 葉 421

(H7)神 岡 400  (8) 小 内 210

1   寺 島 100  9   須 永 400

(6) 狩 野 300  17  經 田 500

8   矢 野 511  3   依 田 200

             (H3)野 村 310

             4   田 中 521

             2   大 塚 401

             5   中 島 520

 

投手成績

富 岡 回   安四三責  農大二 回   安四三責

寺 島 5.2 7521  經 田 1.2 3204

山 田 6.0 4542  菅 澤 8.1 2440

              阿 部 2   1030

選手権群馬大会3回戦 前橋東―渋川 夏も巻き起こすか"前東旋風"

春はあれよあれよと県ベスト4に勝ち進んだ前橋東。この夏も旋風を巻き起こせるか期待がかかります。

 

渋川の先発は右のオーバーハンドのエース。初回100km/h台と90km/h台の変化球を駆使し、初回は2つの三振を獲り、0で終えます。

 

前橋東の先発は右サイドの背番号11の稲葉。初回エラーなどで2アウト2塁とすると、4番吉田レフトへのタイムリで渋川が先制します。

 

島を打ちあぐねていた前橋東ですが、3回2アウト1,2塁のチャンスを作り、2番関口センターオーバーのタイムリ逆転に成功します。続く4回にも1アウト満塁のチャンスを作り、1番の西山押し出しの死球1点追加。2アウト後、3番の久保田がライトへ打球を放ち、これをライトが飛び込むも打球は後ろへ転がり、走者一掃、さらにバッターの久保田もホームへ還り記録はランニング満塁ホームランとなり、この回5点を追加します。

 

8回には先頭の1番西山が今日3本目のヒットで出塁し、その後、1アウト2,3塁のチャンスを作ると、4番市川レフトへ2点タイムリを放ち9点目を入れます。

 

前橋東の稲葉は、初回点を取られた後、冷静なピッチングを展開。低めに集める投球で四死球、打たせたフライアウトは9個と持ち味を発揮し、8回途中1失点の好投。最後はエースの今泉が締め8回コールドでベスト16進出を果たしました。

 

渋川は先発稲葉から初回は鋭い当たりを飛ばしていましたが、点差が離れるにつれ、焦りが出たのか、打ちあぐねてしまい、術中に嵌ってしまったという感じでした。

 

前橋東の春のベスト4は決してフロックではないことをこの試合で確信しました。応援団も迫力があり、もっと見て見たいチームだと思いました。

 

選手権群馬大会3回戦 城南球場

前橋東 002 500 02|9 稲葉(71/3)、今泉(2/3)

渋 川 100 000 00|1 島(8)

 

 前橋東   打安点   渋 川   打安点

8  西 山 431  5   今 井 200

7  関 口 412  (H) 相 田 000

6  久保田 424  8   柳 岡 400

2  市 川 412  2   松 村 300

9  野 坂 500  7   吉 田 311

(1)今 泉      9   広 田 300

4  笹 澤 410  1    島  300

39 三 森 320  6   山 川 310

5  塩 尻 430  3   久 保 100

13 稲 葉 420  (H3)久保野 100

            4   木 村 310

 

投手成績

前橋東 回   安四三責  渋 川 回  安四三責

稲 葉 7.1 3030   島  8  15439

今 泉 0.2 0200

選手権群馬大会2回戦 中之条―市立太田 下級生だけじゃない最上級生の意地

市立太田はスタメンに2年生が5人1年生が1人並ぶ若いチーム。そんな中エースの中村光は3年生。130km/h中盤のストレートと100km/h台の変化球を軸に初回は2つの三振を奪い三者凡退に抑えます。

 

中之条も来年春に統合が決まり中之条高校で挑む最後の夏。先発髙橋勇も2つの三振を奪い三者凡退のスタート。

 

2回も両チームヒットなく、0が並び、市立太田の3回の攻撃。先頭の8番中村光が初ヒットとなる2ベースで出塁すると、エラーなどで1アウト1,3塁とすると2番3年生の中村魁レフトへの3ランホームランで先制。さらにその後も満塁とすると7番2年生の山城がセンターオーバーの走者一掃イムリー2ベースでさらに3点を追加。この回打者10人で一挙6点を取ります。

 

その直後、中之条も2番塩野が2ベースで出塁すると、1アウト後、4番湯本幸がレフトへのイムリですぐさま1点を還します。

 

しかし、取った後は取り返す、4回裏、市立太田は満塁のチャンスを作ると、2年生の4番山村がレフトへ打った瞬間の満塁ホームランでさらに突き放します。続く5番3年生の茂木レフトへの3ベース。中継が乱れている間にホームを陥れ11点目。さらに山城イムリでさらに1点を入れ、この回も6点を入れます。

 

意地を見せたい中之条は1アウトから代打岩渕が死球、ワイルドピッチで2塁へと進むと、9番中澤レフトへのタイムリ2点目を上げます。しかし反撃もここまで。中村光が抑え、市立太田が5回コールド勝ちで3回戦へ進みました。

 

選手権群馬大会2回戦 城南球場

中之条 000 11|2  高橋勇(31/3)、豊田(2/3)

市太田 006 6X|12 中村光(5)

 

 中之条   打安点    市太田  打安点

4  宮 崎 200  8  中 山 310

5  塩 野 310  5  中村魁 213

4  髙橋岳 200  6  今 井 310

8  湯本幸 111  4  山 村 314

2  安 齋 100  3  茂 木 210

3  千木良 200  2  萩 谷 100

7  小 林 100  9  山 城 324

(H)小 淵 100  1  中村光 310

1  髙橋勇 100  7  武 井 310

(1)豊 田

(H)岩 渕 000

6  中 澤 211

 

投手成績

中之条 回   安四三責  市太田 回  安四三責

髙橋勇 3.1 7329  中村光 5  3452

豊 田 0.2 2112 

選手権群馬大会2回戦 沼田―桐生西 取って取り返しての乱打戦

沼田の先発サウスポーの福原がまず1回表の桐生西の攻撃を0で終わらせると、その裏、桐生西の先発背番号10の稲垣を攻め、1アウト1,3塁とします。4番金子は三遊間の強烈な当たりでしたが、これをサード赤石がダイビングキャッチでボールを捕り、2塁を封殺。この流れで行きたかったですが、5番の新木ライトへの先制タイムリを打ち沼田が主導権を握ります。しかしここから壮絶な打撃戦となります。

 

その直後、桐生西の攻撃、先頭の4番大塚がセンターへの2ベースで出塁すると、5番の鎌塚がサードへの平凡なゴロ。これをサードが悪送球をし、2塁ランナーの大塚が生還、すぐさま同点とします。1アウト後、7番大坂レフトへの2ベース勝ち越し。9番の稲垣の打席のときに投球前に2塁ランナーの大坂が3塁へ向かい、ピッチャーの福原が3塁へ投げるもこれを悪送球。大坂はホームまで還ってきて3点目を入れた。

 

沼田も引き離されない。その裏に9番の福原ライトへのソロホームランで1点差とすると、3回裏2アウト1,2塁から6番清水3ベースなどで3点を入れ逆転

 

しかし、4回表。桐生西は0アウト2,3塁から、7番大坂センターへのタイムリで1点差とすると、1アウト満塁とし、1番須藤ライトへのポテンヒット同点、2アウト後、3番木村2点タイムリ勝ち越し、4番の大塚ライトへの2点タイムリ一挙6点を取り逆転します。

 

取ったら取り返すのがこの試合。直後の4回裏の沼田。この回からリリーフの籾山を攻め、2アウト2塁から4番金子レフトへのタイムリ1点を還すと、5番新木、6番清水、7番石田魁3連続長打で4点を取り、試合をふりだしに戻します。

 

5回6回両チーム0が並び、終盤の7回。桐生西は6回からリリーフしている須田を攻め、0アウト満塁とすると、7番大坂がライトの横を抜ける走者一掃勝ち越しタイムリで3点を勝ち越します。

 

その裏沼田は2アウト3塁から6番清水センターへのタイムリで1点を還すと、7番石田魁とのサードへの強烈の打球を再びサード赤石がダイビングキャッチでピンチを切り抜けます。

 

9回にも桐生西は2点を追加し、最後は籾山が3人で抑え、30安打24得点の乱打戦を制し、桐生西が3回戦へ進みました。

 

大味な試合になりましたが、個人的には守備の差で桐生西がこの試合を制したように感じます。沼田の失策は4つありましたが、その内3つが失点に繋がる失策となりました。桐生西はサードの赤石が2つのファインプレーで、6回には満塁のピンチでフェンス際のキャッチャーフライを張田がスライディングキャッチでピンチを救い直後得点につなぎました。このいい流れを次の試合にもつなげていきたいです。

 

選手権群馬大会2回戦 城南球場

桐生西 030 600 302|14 稲垣(3)、籾山(6)

沼 田 113 400 100|10 福原(5)、須田(3)、須藤(1)

 

 桐生西   打安点    沼 田  打安点

4  須 藤 621  5  金 井 410

6  宮 崎 611  9  佐々木 210

8  木 村 512  (1)須 田 100

3  大 塚 532  (H)霜 村 100

9  鎌 塚 410  (1)須 藤

5  赤 石 430  6  石田太 410

7  大 坂 535  8  金 子 531

2  張 田 511  4  新 木 522

1  稲 垣 000  (H)芝 崎 100

(H)小林迅 000  3  清 水 534

(1)籾 山 310  7  石田魁 411

            2  伊藤幹 100

            (2)加 藤 110

            19 福 原 311

            (H)信 澤 100

            (9)伊藤貴

 

投手成績

桐生西 回  安四三責  沼 田 回  安四三責

稲 垣 3  7114  福 原 5  8437

籾 山 6  7825  須 田 3  4112

             須 藤 1  4112

選手権群馬大会2回戦 健大高崎―西邑楽 相手の思い通りにはさせない執念

健大高崎の夏初戦となったこの試合。相手は西邑楽でした。

 

健大高崎の先発は背番号10を背負った小野。初回から最速145km/hのストレートを記録しますが、はっきりしたボール球や抜ける変化球が多く、初戦ということもあり硬いところもあったでしょう。しかし、3回までストレートで押しノーヒットピッチングを展開します。

 

健大高崎は初回安里がセンター前ヒットで出塁し、初球2塁盗塁成功。2アウト3塁とし、4番山下ライトへのタイムリ先制します。

 

しかし、西邑楽先発、エースナンバーを背負った伊與久は130km/h中盤のストレートと変化球を低めに集め、健大高崎に点を与えません。ランナーが出ても伊與久はボールを長く持ったり、クイック、牽制も早く、キャッチャーの茂木も3回には盗塁を刺すなど、健大高崎のペースには乗らせません。

 

それでもそれを打破するのが今年の健大高崎。4回0アウト1塁で先制タイムリーを放った山下ライトへ2ランホームランを放ち追加点。さらに続く5番高山ライトへ2者連続ホームランを放ち、リードを広げます。

 

西邑楽はその直後、1アウト2,3塁のチャンスを作りますが、8番中川が粘るものの、高めのストレートで三振。9番田村もいい当たりでしたが、センターフライに終わりチャンスをつぶします。5回にも1アウト1,2塁のチャンスを作りますが、無得点。

 

伊與久は我慢のピッチングが続きますが、5回にも茂木が2盗を封じ周りにも助けられ、0を並べます。しかし、8回裏に渡口レフトへタイムリを打たれ、健大高崎としては大きい追加点を上げます。

 

9回表、健大高崎は7回から登板している竹本が3人で抑え、健大高崎がまず初戦を突破しました。

 

西邑楽のバッテリーを始め、よく守備陣が守りました。足でかき回されても冷静に対処し、相手のペースに持ち込みませんでした。

 

健大高崎は初戦というとこあり難しいところもあったでしょうが、小野、竹本の投手リレーで完封。まだまだ課題はあると思うのでこれから修正していってほしいです。

 

選手権群馬大会2回戦 城南球場

西邑楽  000 000 000|0 伊與久(8)

健大高崎 100 300 01X|5 小野(6)、竹本(3)

 

  西邑楽  打安点   健大高崎  打安点

7  酒 巻 400  6  安 里 330

8  加 藤 300  4  堀 江 300

1  伊與久 310  (4)大 越 100

2  茂 木 400  9  伊 藤 300

9  小 澤 410  3  山 下 323

6  藤 林 310  7  高 山 411

3  鈴 木 200  (7)大 澤

5  中 川 300  5  渡 口 311

4  田 村 300  2  安 藤 200

            (2)大 柿 100

            1  小 野 210

            (1)竹 本 100

            8  今 井 310

 

投手成績

西邑楽 回  安四三責 健大高崎 回  安四三責

伊與久 8  9425  小 野 6  3260

             竹 本 3  0130

夏の高校野球群馬県大会が100倍楽しくなる注目選手一覧

【投手】

丸山 和郁(前橋育英)左/左 3年

  • 小柄ながらキレのよいストレートを投げ込むサウスポー。秋の関東大会は15回無失点、春の甲子園では12回無失点を記録。野手としても1番センターとして一発長打も秘める核弾頭。

皆川 喬涼(前橋育英)右/右 3年

  • 力強いストレートを投げ込む右腕。春の県大会決勝では健大高崎相手に粘投。野手としても中軸を担う。

根岸 崇裕(前橋育英)右/右 3年

  • 190cm超から投げ下ろすストレートが光る前橋育英の秘密兵器。春の大会では経験を積み、夏は甲子園で悔しさを晴らす。

吉澤 悠(前橋育英)右/右 3年

  • 小柄ながら力強いストレートを投げ込む前橋育英のエース。昨夏の甲子園から悔しい思いをし続けた。最後の夏こそ快投を。

伊藤 敦紀(健大高崎)右/左 3年

  • サイドスローから低めに集めるストレートと横に滑るスライダーが武器。経験値も糧にエースとして試合を作る。

小野 大夏健大高崎)右/右 3年

  • 最速145km/hを誇る本格派右腕。春の大会は先発で経験を積み、目指すは150km/hと夏の甲子園出場。

山上 信吾(常磐)右/右 3年

  • 140キロを超えるストレートとキレ味鋭い縦のスライダーが武器。昨夏は前橋育英相手に好投。昨秋の大会は1試合17奪三振を記録した。

仙波 涼人(常磐)左/左 3年

  • 1年夏からマウンドを経験しているサウスポー。変化球を低めに集める丁寧なピッチングが持ち味。今春の大会では前橋育英相手に8回2失点の好投。

経田 晃生(農大二)右/左 3年

  • 躍動感があるフォームから伸びのあるストレートとスライダーを投げ込む。農大二復活の最大のキーマン。

霜田 健太(伊勢崎清明)右/左 3年

  • 大柄な体格から投げ込む力強いストレートが武器。春の大会は登板が無かったが、夏は投打の柱として悲願の甲子園出場を決めたい。

 木村 直斗(利根商)左/左 3年

  • 昨夏県ベスト8の立役者。ボールの出所が分かりにくいフォームから凡打の山を築く。

茂木 優悟(市太田)右/右 3年

  • 190cm超の身長から投げ下ろす最速141km/hのストレートが武器の投手。中村光や菊地と共に強力投手陣を成形したい。

菊地 洸慶(市太田)右/右 2年

  • 高校から本格的に投げ始め、最速141km/hを誇る2年生右腕。元富士重工監督で現在本校監督を務める水久保監督の期待も大きい。

横塚 壮志(桐生南)右/右 3年

  • サイドスローから110km/h台のストレートと100km/hの変化球で相手打線を手玉に取る軟投派。昨年の先輩を超える快投を。

小寺 伶弥(樹徳)左/左 3年

  • 引き出しが多いピッチングで相手に狙いを絞らせないサウスポー。1年の秋はエース格として県優勝に貢献したが、ここ1年は苦しんだ。最後の夏はチームを引っ張るピッチングを。

 【捕手】

高橋 幸平(高経大附)右/右 3年

  • 大柄な体格から取ってから素早いスローイングと正確な送球は一級品。複数の投手陣をまとめ、主砲としてもチームを勝利に導く。

戸部 魁人(前橋育英)右/右 3年

  • フットワークが良く、強肩で幾度も投手を助けてきたキャッチャー。打者としてもクラッチヒッターとして、投手を楽にする。

内野手

飯島 大夢(前橋育英)右/右 3年

  • 上体を折り曲げた独特のフォームから豪快な一打を放つ三塁手。キャプテンとしてもチームを引っ張る。

山下 航汰(健大高崎)右/左 2年

  • 昨夏から4番としてチームを引っ張る主軸。今春の甲子園での2本の満塁弾は記憶に新しい。この夏も記憶に残る快打を。

安里 樹羅(健大高崎)右/左 3年

  • 積極的なバッティングで鋭い打球を放つ二塁手。湯浅が離脱時にはショートを無難にこなす器用さも併せ持つ。

湯浅 大(健大高崎)右/右 3年

  • 右左に打ち分けるバッティングと広い守備範囲が持ち味の遊撃手。今春の甲子園では右手首を骨折し悔しい思いをした。トップバッターとして機動破壊を牽引する。

鏑木 風雅(桐生第一)右/左 3年

  • 広角に打ち分けるバッティングが武器の遊撃手。1年夏からレギュラーを張った選手も最高学年。再び聖地で躍動したい。

 吉田 晃誠(前橋商)右/右 2年

  • 昨年の若駒杯では投打の活躍でMVP。このチームでは4番ショートとしてチームを引っ張り、古豪復活にかける。

寺嶋 優磨(農大二)右/右 3年

  • 走攻守3拍子高いレベルで揃ったセンスが抜群の遊撃手。トップバッターとしてもチームを波に乗せたい。

【外野手】

小野寺 大輝(健大高崎)右/左 3年

  • 高い出塁率を誇る2番バッター。塁に出ればグラウンドを縦横無尽に駆け回る機動破壊のキーマン。

星野 大希(高崎)右/右 3年

  • 豪快なバッティングで強力打線を引っ張る3番バッター。2季連続ベスト4に貢献したが、さらに上の壁を破りたい。

西山 弥(前橋東)左/左 3年

  • 塁に出るとチームが勢いに乗る切り込み隊長。ピンチになるとマウンドにも上がりチームの窮地を救う。