きゅーいちのあれ(仮)

だいたい野球のこと

夏の高校野球群馬県大会が100倍楽しくなる展望の記事

前橋育英常磐ブロック】

  • 4季連続県優勝の前橋育英が大本命。投手野手共に充実した戦力であり決勝まで余力を残した戦いを行いたい。初戦は昨秋県ベスト4の高経大附。高澤、植原、高橋知とタイプの違う投手を擁し、ロースコアに持ち込みたい。もう一つのシードは常磐。春は前橋育英に1―2の惜敗。その試合で好投した仙波、そして、県内No.1右腕呼び声高い山上を中心に勝ち上がりたい。その他にも高崎商前橋工と実力校が揃うブロックだ。

【高崎―桐生南ブロック】

  • 2季連続で県ベスト4の高崎。その初戦の相手はいきなり桐生第一と激突。強力打線を武器に壁を破りたい。桐生第一はこのところ不甲斐ない成績が続いている。まずはシード校を破り、勢いに乗りたい。桐生南健大高崎を苦しめたエース横塚を中心に昨年のチームを超える成績を。

【農大二―前橋東ブロック】

  • 前橋育英健大高崎の2強の牙城を崩せる可能性があるのが農大二だろう。好投手の経田、打線も隙がない。その農大二を春の県大会で破ったのが前橋東。今泉、西山の2投手を軸にこの夏も旋風を巻き起こしたい。そしてノーシードで樹徳がこのブロックに。高いレベルの選手が揃っており、ノーシードから勝ち上がる。

健大高崎―伊勢崎清明ブロック】

  • 実力がある高校が揃ったこのブロックだが、やはり健大高崎が頭1つ抜けている。投手にやや不安はあるが、打線がそれを補うだけの力は十分にある。伊勢崎清明は今春は背番号1を背負った長田が好投。本来のエース霜田とともに今度こそ健大高崎に土をつけたい。若駒杯を制した2年生が目立つ前橋商は初戦で関学大と当たる好カード。昨夏ベスト8に導いた木村を擁す利根商、快速2年生右腕菊地を擁する市太田など他の高校も侮れない。

 

昨夏 【優勝】前橋育英【準優勝】健大高崎

   【ベスト4】前橋工 伊勢崎清明【ベスト8】 桐生西 樹徳 桐生商 利根商

昨秋 【優勝】前橋育英【準優勝】健大高崎

   【ベスト4】高経大附 高崎【ベスト8】樹徳 高商大附 常磐 前橋西

今春 【優勝】前橋育英【準優勝】健大高崎

   【ベスト4】高崎 前橋東【ベスト8】常磐 桐生南 農大二 伊勢崎清明