読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

きゅーいちのあれ(仮)

だいたい野球のこと

春の甲子園1回戦 健大高崎(群馬)―札幌第一(北海道)

健大高崎のキャプテン、1番ショートとチームの要湯浅が一ヶ月前に右手首を骨折。チームにとってはかなり痛い離脱ですが、この試合ではセカンドを守る安里がショート、セカンドに大越、1番に今井を置く布陣になりました。

 

健大高崎の先発は伊藤。初回ヒット、死球、エラーで2アウト満塁にするが、6番宮沢をセカンドゴロに打ち取ります。

 

健大高崎は2回、先頭の渡口がエラー、高山が2ベースで出塁すると、大越がライトの頭を越す先制のイムリー2ベースとなりました。その後、2アウト3塁とすると、1番の今井レフトへタイムリで3―0と差を広げます。

 

6回に1点を失いますが、7回には安里イムリ、そして山下満塁ホームランで一挙5点を奪い、続く8回は代打、上野ホームランで11―1と大差をつけます。伊藤は7回無失点の好投、8回は小野、9回は竹本が抑えました。

 

健大高崎としてはいいところを存分に発揮した試合でした。

 

湯浅の代わりに入った、大越、今井が活躍するのはとても大きいですね。こういった選手が活躍するのはチームに勢いを与えるでしょう。

 

伊藤は7回3安打5四死球0失点。四死球は多かったですが、コーナーを丹念についていた印象です。小野は最速144km/h、1回3奪三振、ストレートに力があり、フォークも結構落ちてましたね。ただやはり竹本もですが、制球が不安定ですね。接戦では出しづらいでしょう。基本伊藤、向井の継投になっていくと思います。

 

次の試合は工大福井と仙台育英の勝者ですが、どちらが来ても厳しい戦いになるでしょう。いい試合を期待します。

 

選抜甲子園1回戦 甲子園球場

札幌第一 000 001 000|1  富樫(21/3)、前田(41/3)、菅野(11/3)

健大高崎 032 000 51X|11 伊藤(7)、小野(1)、竹本(1)