読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

きゅーいちのあれ(仮)

だいたい野球のこと

秋季群馬県大会準決勝 前橋育英―高崎

健大高崎とともに投打ともに安定している前橋育英と苦しみながら勝ち抜いてきた高崎

関東大会に進むのはどちらか

 

<<試合経過>>

前橋育英の先発は背番号1の吉澤。初回はストレートを中心に三者凡退スタート。

高崎の先発は背番号10の金澤。先頭の丸山に死球を与えるが、盗塁を試みた丸山をキャッチャーの緒方が刺す。しかし、2番堀口、3番戸部に連続四球。4番飯島の場面で暴投でランナーが進塁した後、三振に打ち取るが、5番小池レフトへのタイムリー2ベース2点を先制。続く6番の皆川イムリ打ち、初回3点を先制した。

2回も前橋育英の猛攻は止まらない。先頭の8番飯塚が2ベースで出塁。9番黒澤が三塁へ絶妙なバント。これをピッチャーがファンブルし、飯塚が一気にホームを陥れる好走塁で4点目。その後、1アウト満塁となり、4番飯島センターへ2点タイムリ。5番小池は強い当たりのゴロをショートが取れず1点追加。6番皆川レフトへの犠牲フライ8点目。最後は吉澤ライトへのタイムリでこの回6点を入れ、9―0となった。

高崎は3回から背番号1の矢嶋がマウンドに。3回は三者凡退に抑えたが、4回は2アウト2塁から皆川のタイムリーで1点を失った。

前橋育英は4回から木島、そして5回は根岸がしっかり抑え、10―05回コールドゲームが成立。前橋育英関東大会出場を決めた。

 

<<寸評>>

前橋育英の吉澤は調子悪いと聞いていましたが、全然そんなことはなかったですね。

3回1安打1四球4奪三振0失点と完璧なピッチングでした。ボールにも勢いがあり、関東大会でも十分通用すると思います。

高崎は2番手で上がった、矢嶋がよかったです。2本のヒットを打たれましたが、いずれもポテンヒットでしたし、前橋育英打線を抑えていました。それと先発の金澤とキャッチャーの緒方は1年生と聞いたのでここも楽しみですね

 

健大高崎前橋育英関東大会出場を決めました。

そして決勝は春夏秋と3季連続の決勝のカードとなり、春夏は前橋育英に軍配。関東大会を見据えた戦いをするのか、勝ちにこだわるのか注目の一戦です。

 

秋季群馬県大会準決勝 桐生球場

高崎   000 00|0  金澤(2)、矢嶋(2)

前橋育英 360 1X|10 吉澤(3)、木島(1)、根岸(1)