読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

きゅーいちのあれ(仮)

だいたい野球のこと

秋季群馬県大会準々決勝 前橋育英―商大附

ここまで桐生市商、前橋商に完勝し、強さを見せる夏の王者、前橋育英

対するは好投手経田を擁する東農大二に逆転勝ちを果たした商大附

ベスト4最後の残る椅子に座るのはどちらか 

 

<<試合経過>>

前橋育英の先発は背番号9の皆川。1回、力のあるストレートを投げ込むが、制球が定まらず1アウトを取った後2者連続四球。4番堀越イムリを浴び、商大附が先制した。

その裏、商大附の先発阿部も制球が定まらず1番の丸山に四球。すかさず盗塁、2番堀口がバント、3番戸部ショートゴロの間にすぐさま同点

2回も皆川は安定しない。1アウト後、8番阿部はセンターの頭上を越える2ベース。9番高杉に四球を与え、1アウト1、2塁。しかし、1番濵名を三振、2番荻原をファーストゴロに打ち取る。

ピンチを凌いだその裏、6番小池、7番吉澤の連続ヒット、8番飯塚がバントを決め、2アウト後、1番丸山がセンターへイムリを放ち勝ち越し

その後は前橋育英の一方的な試合となった。3回、先頭3番戸部の3ベースから始まり、1アウト後、5番皆川イムリ、6番小池が四球、2アウト後、8番飯塚ライト前タイムリ4点目。9番黒澤が四球、1番丸山ライトへ2点タイムリ、2番堀口がセンターへ2点タイムリ、打者一巡し、3番戸部が1イニング2本目となる3ベースで9点目。最後に4番飯島センターへタイムリを打ち、10点目。この回打者12人の猛攻で8点を奪った。

皆川はその後、2イニングを四球1つ、三振3つを奪い結果1失点で抑えた。5回は丸山にスイッチ。2つの三振を奪った。

商大附阿部は4回は三者凡退に抑えたが、5回に先頭代打の市川がライト前、代走川端が盗塁、1アウト後、暴投で3塁に進み、2番堀口センターへタイムリを打ち11点目。5回10点差コールドゲームが成立し、前橋育英ベスト4に進んだ。

 

<<寸評>>

前橋育英が圧倒的な攻撃力を見せた試合でした。打線は県内ナンバーワンですね。

ただ投手陣が不安定ですね。エースの吉澤も調子悪いと聞きますし、皆川、丸山も制球がアバウト。

皆川は4回2安打4四球7奪三振1失点。

投げているボールは県内ナンバーワン投手だと思うんですけどね。尻上がりに調子を上げていたので立ち上がりをしっかりしてくれれば、全国でもトップレベルの投手になれるはずです。

 

これでベスト4が決まりました。

健大高崎―高経大附

前橋育英―高崎

関東の切符をかけた最後の戦いが始まります。

 

秋季群馬県大会準々決勝 桐生球場

商大附  100 00|1  阿部(41/3)

前橋育英 118 01|11 皆川(4)、丸山(1)