読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

きゅーいちのあれ(仮)

だいたい野球のこと

春季群馬県大会準々決勝 高崎―伊勢崎清明 幻惑のスローカーブ

伝統校の高崎と新興勢力の1つ伊勢崎清明の対戦。

 

伊勢崎清明先発は。初回2アウト2塁のピンチを背負い、4番星野、5番樺沢連続2ベース2点を先制。6番緒方が四球で歩き、7番森田は1塁への平凡なフライだったが、ファーストがボールと太陽と重なったか、この打球が取れず、記録はヒットでさらに1点を追加。

 

高崎先発は右アンダースロー渡辺。こちらも2アウト2塁のピンチを背負い、4番荒木センター前へのタイムリ1点還すと、5番高山レフトへの2ランホームランですぐさま同点に追いつきます。

 

追いつかれた高崎は直後の2回。1アウト1,3塁から、2番加辺サード強襲のヒット勝ち越し。伊勢崎清明は関からエースナンバーの長田にスイッチ。しかし、高崎の勢いを止められず、3番鈴木、4番星野、5番樺沢3連続タイムリでさらに3点を追加しました。

 

早めに追いつきたい伊勢崎清明は3回に3番川島レフトへの2ランホームラン2点を還し、4回には9番長田犠牲フライ1点差とします。

 

じわりじわりと伊勢崎清明が追い上げますが、高崎のエース渡辺が流れを渡しませんでした。計測不能のスローカーブとストレートのコンビネーションを武器に相手に的を絞らせません。

 

7回高崎は4番星野今日3本目のタイムリ8点目を追加し2点差としますが、8回伊勢崎清明先頭の4番荒木が2ベースで出塁します。しかし高崎バッテリーは冷静でした。5番高山をファーストフライ、6番相田をレフトフライ、代打の松井をファーストフライと、スローカーブでカウントを稼ぎ、ストレートで詰まらせるピッチングを展開します。

 

ピンチを凌いだ9回。高崎は4番星野が今日5打点目となるダメ押しの2ランホームランで試合を決定づけます。

 

その裏も渡辺が、3人でしっかりと打ち取り、高崎が昨秋に続いて県ベスト4進出しました。

 

高崎のエース渡辺は序盤スローカーブがほとんどボールになり、制球に苦しみました。5回以降からはスローカーブでもカウントを稼ぐことができ、伊勢崎清明打線も繋がらなくなりました。スローカーブを打てば、タイミングが合わず凡打の山、しかし、スローカーブのあとのストレートも球速差もあり差し込まれる…。健大高崎打線にどう立ち向かうのか楽しみです。

 

伊勢崎清明はエースで4番の霜田を欠きながらもエースナンバーを背負った長田の活躍もあり、ベスト8まで勝ち上がりました。層の厚さを見せつけたと思います。夏は霜田を加え、どこまで勝ち上がれるか楽しみです。

 

 

春季群馬県大会準々決勝 城南球場

高   崎 340 000 102|10 渡辺(9)

伊勢崎清明 302 100 000|6  関(11/3)、長田(72/3)

 

 高  崎  打安点  伊勢崎清明  打安点

8  宮 本 520  8  小 倉 320

4  加 辺 420  6  高 野 300

6  鈴 木 421  5  川 島 422

7  星 野 545  3  荒 木 421

3  樺 沢 532  2  高 山 412

2  緒 方 300  4  相 田 300

5  森 田 411  9  青 木 200

1  渡 辺 420  (H)松 井 100

9  飯 塚 310  (9)小 川

            7  中 井 310

            1   関  

            (1)長 田 201

            (H)境 野 100

 

投手成績

高 崎 回  安四三責 伊勢崎清明 回   安四三責

渡 辺 9  8446   関   1.1 7106

             長 田  7.2 10023