読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

きゅーいちのあれ(仮)

だいたい野球のこと

春季群馬県大会準々決勝 健大高崎―桐生南 強豪校に連勝、勢い続くか

桐生南は2回戦では高崎商に3―0で快勝、続く3回戦シード樹徳も4―2と破りました。今日の相手は健大高崎と強豪校との試合が続きます。昨年夏は東宮投手を擁し、健大高崎に5―7と惜敗。その借りを返したいところです。

 

桐生南の先発は右サイドスロー横塚。初回、ストレートは110キロ中盤と速くはありませんがコーナーを丹念に突く投球と、100キロ台の緩い変化球を武器に、全てフライアウトで三者凡退に打ち取ります。

 

2回裏、健大高崎は4番高山のライトへの特大ホームラン1点を先制します。

 

健大高崎の先発はサウスポー竹本。130前半~120後半のストレートを武器に押していきますが、変化球の制球が定まりません。先制された直後の3回表、竹本は2アウト2塁のピンチを招き、桐生南3番の村岡がストレートを捉え、すぐさま同点とされます。

 

続く4回表、桐生南は1アウト1,3塁のチャンスを作り、7番横塚がセンターへ勝ち越しのタイムリーヒット1点。さらに8番星野もセンターへのイムリでもう1点追加します。

 

リードされた健大高崎は3回4回とノーヒットに抑えられ、5回裏。先頭の8番安藤、9番竹本に代打の八須賀が連続ヒットで出塁し、送りバントで1アウト2,3塁のチャンス。2番小野寺のファーストゴロの間に3塁ランナーが還り、1点を追加。続く3番山下ライトへのタイムリ同点とします。

 

健大高崎は6回から右サイドスロー長島にスイッチ。しかし、2アウトを取ったが、満塁のピンチを作り、堪らず小野に替わります。小野は最速142km/hを計測しますが、2番横倉に粘られ、勝ち越し押し出し四球を献上します。

 

しかし、勝ち越されたあとの小野はストレートでぐいぐい押すピッチングで満塁から3番村岡を三振に取りピンチを脱し、7回も2つの三振を奪い打線の援護を待ちます。

 

7回裏健大高崎は1アウトから1番安里がライトの頭上を越える2ベースで出塁。続く2番小野寺がライトへのヒット。これをライトがファンブルし、その間に2塁ランナー安里はホームイン、小野寺も2塁へ行き、同点とします。3番山下もライトへのヒットで続き、1アウト1,3塁から4番高山レフトへの犠牲フライ勝ち越し、ついにリードをとります。

 

8回表、小野はこの回も2つの三振を奪い、その裏に相手のエラーで1点を追加。9回表は先頭の1番新井裕にヒットを打たれますが、後続を断ち、健大高崎は苦しみながらもベスト4進出を決めました。

 

健大高崎、小野は3回1/3を1安打6奪三振無失点に抑えました。まさに流れを引き寄せるピッチングです。

 

桐生南は横塚が健大高崎打線に粘りのピッチングを見せました。しかし、5つの失策、1つのパスボール、記録に残らないミスなど、多く目立ちました。これらをどう消していくのか夏に向けての課題だと思います。

 

春季群馬県大会準々決勝 城南球場

桐生南  001 201 000|4 横塚(8)

健大高崎 010 020 21X|6 竹本(5)、長島(2/3)、小野(31/3)

 

  桐生南  打安点  健大高崎   打安点

8  新井裕 420  6  安 里 420

9  横 倉 301  7  小野寺 512

5  村 岡 511  3  山 下 421

6  飯 塚 310  9  高 山 312

3  齋 藤 300  4  堀 江 300

7  武 藤 310  (4)大 越 100

1  横 塚 311  8  伊 藤 410

2  星 野 311  5  渡 口 300

4  小 林 300  2  安 藤 210

            (H)根 井 100

            (2)是 沢

            1  竹 本 100

            (H)八須賀 110

            (R)池 田

            (1)長 島

            (1)小 野 200

 

投手成績

桐生南 回   安四三責  健大高崎 回   安四三責

横 塚 8   9104   竹 本 5   5453

               長 島 0.2 1211

               小 野 3.1 1160