読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

きゅーいちのあれ(仮)

だいたい野球のこと

春の甲子園準々決勝 健大高崎(群馬)―秀岳館(熊本)

健大高崎の先発は伊藤。初回からボールが高く、秀岳館の3番木本2ランホームランを浴び、先制されます。

 

秀岳館の先発は川端。130km/h後半~140km/h前半のストレートとキレの良いスライダーとカーブを交えて打者を打ち取っていきます。初回は1アウト3塁のピンチを2番小野寺、3番山下、4番渡口を三者連続三振に打ち取ります。3回は0アウト1,2塁のピンチを安里、小野寺を打ち取り、山下にはセンター前へ打たれますが、センター藤本の好返球で2塁ランナーをホームで刺し、0に抑えます。健大高崎としては点を取られた後、ここで1点でも取れれば試合の流れも違っていたと思うので痛かったですね。

 

チャンスを逃し、流れは秀岳館のまま4回は2アウト1,3塁から9番川端、1番半情、2番渡辺3連続タイムリ4点を追加します。

 

川端に7点の援護は十分すぎました。2点を失いますが、9回8安打13奪三振と見事なピッチングでした。川端は牽制を一球も投げずに、5盗塁を許しましたが、打者との勝負に集中し、相手のペースに持ち込ませんでした。

秀岳館4強 川端「打者に専念」機動破壊を“無視” - 高校野球 : 日刊スポーツ

 

健大高崎は延長再試合の疲れもあったでしょう、伊藤は本来の制球が見られませんでした。それでも竹本、小野が秀岳館打線にまずまずのピッチングを見せたのは収穫でしょう。

 

この甲子園でも機動力を使い賑わしてれました。夏に向けての課題も多く出たでしょう。湯浅キャプテンを中心に夏も機動破壊を轟かせてほしいです。

 

選抜甲子園準々決勝 甲子園球場

秀岳館  201 401 001|9 川端(9)

健大高崎00 001 100|2 伊藤(32/3)、竹本(21/3)、小野(3)