読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

きゅーいちのあれ(仮)

だいたい野球のこと

春の甲子園2回戦 健大高崎(群馬)―福井工大福井(福井)

健大高崎は3回に2アウト1,2塁から小野寺インコースのボールをうまく打ち、2点を先制。その後、安里セーフティースクイズ山下ライトへのタイムリー3ベースでさらに2点を追加します。

 

健大高崎の先発は伊藤。130km/h中盤のストレートとブレーキが利いたスライダー、チェンジアップで4回まで0を刻みます。しかし、5回2アウトからヒット、四球、四球で満塁とすると、5番島谷3ベース3点を還します。四球2つがもったいなかったですね。4点あるのでもっと余裕をもってほしかったです。

 

その裏に渡口イムリ5点目を取りますが、6回にまた再び2アウトから、2ベース、四球、ここで伊藤から小野にスイッチをし、四球で満塁とすると、3番井上2ベースで一気にランナー全員が還り、5―6と逆転に成功します。小野は悪くはなかったですが、やはりスピードボールだけでは打たれてしまいますね。

 

健大高崎は7回に山下犠牲フライ同点としますが、9回表に8回から登板していた竹本が4番山岸に勝ち越しを許します。

 

しかし、9回裏2アウト2,3塁で工大福井のピッチャー摺石が2塁ランナーの安里がよそ見をしていたため2塁へ牽制すると、これを見た3塁ランナーの小野寺は投げた瞬間躊躇なく、ホームへ突っ込む。送球は間に合わず、小野寺が還ってきて土壇場で同点とします。

 

このプレーはサインらしいですね…。とても驚きました。

www.nikkansports.com

 

延長に突入し、ともにチャンスはつくるものの、工大福井の摺石氏家が、健大高崎はマウンドに戻ってきた伊藤が、踏ん張り延長15回引き分け再試合となりました。

 

12回から登板した工大福井の氏家は甲子園初登板とは思えないピッチングでした。登板直後は荒れていましたが、試合が進むにつれ、ボールを低めに集め、いいピッチングを見せてもらいました。再試合では先発もあるのではないでしょうか。

 

健大高崎は延長からフライアウトが多かったですね。とてももったいないと思いました。投手の竹本、小野の内容はそこまで悪くなかったので次も投げることになるでしょう。守備陣もとてもよく守ってくれました。

 

明後日再試合となりますが、まずはゆっくり休んで、次に備えてほしいと思います。両チームともお疲れ様でした。

 

選抜甲子園2回戦 甲子園球場

工大福井 000 033 001 000 000|7 摺石(11)、氏家(4)

健大高崎 004 010 101 000 000|7 伊藤(52/3)、小野(12/3)、竹本(12/3)、伊藤(6)