読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

きゅーいちのあれ(仮)

だいたい野球のこと

ドラフト候補たち、目立った選手たちの秋季関東大会成績

2016秋季関東大会

【投手】

・金久保 優斗(東海大市原望洋) 2年 右/左

140km/hを超える速球と切れ味抜群のスライダーを武器に全試合完投。スライダーはほぼストライクゾーンには来ないため四死球率は多い。4番としては勝負強さが光った。

投 36回33安打22四死球28奪三振12失点

打 .267(15-4)0本5打点

大関 秀太郎(作新学院) 2年 左/左

130km/h中盤の速球を軸に低めにつくコントロールとスライダー、チェンジアップのコンビネーションは抜群。全試合1失点完投に抑え、優勝に貢献。

 27回16安打10四死球13奪三振3失点

・丸山 和郁(前橋育英) 2年 左/左

140km/hを超える速球と沈むボールが武器のサウスポー。3試合で15回を無失点。打者としても一発長打を秘める核弾頭。

投 15回5安打14奪三振6四死球0失点

打 .385(13-5)0本0打点

吉松 塁(山梨学院) 2年 左/左

フォームは木更津総合、早川にそっくり。130中盤のストレートとスライダー、チェンジアップが武器。

13回9安打10四死球11奪三振3失点

佐野 涼弥(浦和学院) 1年 左/左

鋭い腕の振りから130後半のストレートとスライダーを武器に奪三振を量産する1年生エース。

5回10安打4四死球9奪三振7失点

大谷 拓海(中央学院) 1年 右/左

市川戦では9回2アウトまで無安打ピッチング。伸びしろ抜群の長身右腕。

14回6安打5四死球4奪三振5失点

 

【捕手】

五十嵐 寛人(山梨学院) 2年 右/右

プロ野球選手を父に持つ。鋭いスイングから速い打球を放ち、霞ヶ浦戦では勝ち越し本塁打を放った。

.500(8-4)1本1打点

福永 奨(横浜) 2年 右/右

打撃は不発も唸りを上げる送球は高校随一。

.111(9-1)0本0打点

戸部 魁人(前橋育英) 2年 右/右

前橋育英の複数の投手陣をまとめる司令塔。中軸としても逆境で結果を残した。

.417(12-5)1本4打点

 

内野手】 

齊藤 大輝(横浜) 1年 右/右

入学後からスタメンをはる二塁手健大高崎戦では本塁打を放った。

.500(8-4)1本2打点 

市村 拓巳(横浜) 2年 右/右

6番バッターだが4、5番を凌ぐ打力がある一塁手

.667(6-4)1本1打点

中島 淳(作新学院) 2年 右/右

チャンスに強い三塁手。3番として4打点を記録した。

.400(10-4)0本4打点

安里 樹羅(健大高崎) 2年 右/左

走攻守三拍子揃った沖縄出身の二塁手。チームトップの7打点をマーク。

.364(11-4)1本7打点

 

【外野手】

増田 珠(横浜) 2年 右/右

ハイレベルな打撃センスを持つセンター。投手としても登板する。

打 .429(7-3)0本2打点

投 0.1回0安打0四死球0奪三振0失点

蛭間 拓也(浦和学院) 1年 右/左

入学後から主軸を務める右翼手。左ピッチャーを苦にしない打撃が持ち味。

.500(4-2)1本1打点

鈴木 萌斗(作新学院) 2年 右/左

数少ない今夏優勝メンバーの1人。俊足を活かした打撃と守備が特徴。

.200(10-2)0本3打点

正木 智也(慶應義塾) 2年 右/右

前チームから4番として引っ張る主砲。花咲徳栄戦では特大ホームラン。

.286(7-2)1本3打点