読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

きゅーいちのあれ(仮)

だいたい野球のこと

秋季関東大会準決勝 作新学院(栃木1位)―健大高崎(群馬2位) 試合巧者同士の対決

2016秋季関東大会

夏春連覇を目指す作新学院と1年ぶりの甲子園を目指す健大高崎の対戦。

試合巧者同士の対戦だが軍配はどちらに。

 

<<試合経過>>

健大高崎の先発はエースの伊藤。その伊藤だが、2回3連打で満塁のピンチを背負うと、9番の加藤ライトへのタイムリを打たれ、作新学院先制した。

作新学院の先発はサウスポーの大関健大高崎打線を全く寄せ付けず、4回まで無安打ピッチングの快投。

作新学院は5回1番鈴木、2番添田がチャンスを作ると、3番中島犠牲フライ2点目

その裏の健大高崎は1番湯浅がチーム初のヒットとなる内野安打で出塁するが、後続が打ち取られ、得点が奪えない。

8回は作新学院は相手の暴投健大高崎安里犠牲フライで両校1点ずつ加え、9回は作新学院鈴木イムリー2ベースでダメ押しの2点をさらに加えた。最後は関が締めて、試合の主導権をガッチリ離さなかった、作新学院決勝進出を果たした。

 

<<寸評>>

最初から最後まで作新学院ペースで試合が進みました。点差以上の差を感じましたね。

大関9回2安打1失点と完璧なピッチング。低めにストレートとチェンジアップを集め、健大打線に的を絞らせませんでした。

健大高崎は2安打では何もできませんね。伊藤と向井がまずまずだったのは収穫でしょうか。恐らく健大高崎も選抜当確なので冬は課題をしっかり潰してほしいですね。

 

秋季関東大会1回戦 清原球場

作新学院 010 010 012|5 大関(9)

健大高崎 000 000 010|1 伊藤(6)、向井(2)、小野(2/3)、竹本(1/3)