読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

きゅーいちのあれ(仮)

だいたい野球のこと

秋季関東大会準決勝 東海大市原望洋(千葉1位)―前橋育英(群馬1位) 投打に活躍、両チームの大黒柱が躍動

2016秋季関東大会

東海大市原望洋はエース金久保を擁し、2試合連続で盤石の試合を展開。

前橋育英は2試合連続で逆転で勝ち上がってきた。

対照的に勝ち上がってきた2校。決勝に進むのはどちらか

 

<<試合経過>>

前橋育英の先発は吉澤。いきなり初回に満塁のピンチを背負うも、6番瀬川を三振に取りピンチを切り抜ける。

東海大市原望洋の先発は金久保。こちらも初回、先頭の丸山ライトへ3ベースを打たれると、2番の飯塚セカンドゴロの間前橋育英先制した。

東海大市原望洋の反撃は3回。0アウト1、2塁で4番の金久保センターへの3ベースで一気に逆転。その後も攻撃を緩めることなく、8番の塚越、9番の鯨井連続タイムリ一挙5点をもぎ取った。

4回から前橋育英は2試合連続で好リリーフをみせ逆転に繋げた丸山がマウンドへ。3番荒金、4番金久保を三振に取り、流れを変える。

すると前橋育英は5回に9番黒澤イムリ、6回には5番皆川犠牲フライで2点差まで詰め寄る。

前橋育英丸山は、ヒット1本に抑えるピッチング、望洋の金久保はランナーを出すものの要所を抑えるピッチングを展開。

最後は金久保が9回を三者凡退に抑え、東海大市原望洋が千葉県勢としては3年連続となる決勝進出を果たした。

 

<<寸評>>

東海大市原望洋の金久保が投打の活躍で決勝進出を果たしました。やはり彼のスライダーのキレは抜群9回7個の三振、要所でしっかり抑えてきました。

前橋育英は3回の5点が重すぎました。その打たれた吉澤は今大会では全くいいところが見えず…。選抜は確定的ですのでしっかり調整してもらいたいです。一方丸山は評価をかなりあげたでしょう。打っては金久保から2安打、投げては6回1安打6奪三振0失点。彼の活躍がなかったらここまで進めていなかったでしょう。選抜で期待したいです。

 

秋季関東大会1回戦 清原球場

東海望洋 005 000 000|5 金久保(9)

前橋育英 100 011 000|3 吉澤(3)、丸山(6)