読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

きゅーいちのあれ(仮)

だいたい野球のこと

秋季関東大会1回戦 山梨学院(山梨1位)―霞ヶ浦(茨城2位) 両サウスポーの我慢比べ

今年の夏甲子園を経験したメンバーが多く残る山梨学院。自慢の強打はこのチームでも健在であり、夏は控えでこの秋はエースナンバーを背負う吉松を援護する。

 

霞ヶ浦はあと一歩で甲子園に出れないことは有名だが、関東大会の初戦突破率はかなりのもの。山梨学院を撃破し勢いに乗りたい。

 

<<試合経過>>

山梨学院は初回の攻撃、2アウト1、2塁と霞ヶ浦先発、サウスポーの川崎を攻めるが5番山本がセカンドゴロに倒れ無得点に終わった。

霞ヶ浦は2回に先頭の5番益子がセンターへ2塁打を放ち、6番鈴木が送ると、7番内野の合わせたようなあたりがセンターへ抜け1点を先制した。

先制された山梨学院先発、こちらもサウスポーの吉松だが、130中盤のストレートを武器に4回は4番から始まる攻撃を三者連続三振に切って取った。

リズムに乗った山梨学院は5回先頭の小澤が内野安打で出塁し、その後2アウト2塁とすると、1番関口はファーストへ平凡な当たり。だがピッチャーの川崎がややベースカバーに遅れ、内野安打に。さらにファーストの内野が悪送球をしてしまい、2塁ランナーの小澤は一気にホームまで生還し同点に追いついた。

続く6回は先頭の4番五十嵐がレフトへの鋭い当たりが一気にスタンドへ、勝ち越しとなるホームランを放った。

勝ち越してもらったあとの吉松はランナーを出すものの粘りのあるピッチングを展開。9回途中から夏の大会背番号1を背負った栗尾が登板し、最後を締めた。

 

<<寸評>>

山梨学院がエースと4番の活躍で勝利しました。吉松は安定したピッチングを見せ、霞ヶ浦を1点に抑えました。栗尾を投入したのが、カウントを整っているときに交代したのがちょっと疑問でしたが、その栗尾もしっかり抑えました。この2人がしっかりすれば、夏はかなり全国でも脅威になりますね。

4番の五十嵐の一発はまさに目の覚めるような一発、4番がここぞで打ってくれたのは頼もしいでしょうね。

個人的に気になったのが、2番を打つ広瀬。打っては2安打を放ち、守備でもライナーをジャンピングキャッチ、深いところからアウトにするなど攻守に光りました。山梨はいいショートが定期的に出ますがなにかあるんでしょうかね。

霞ヶ浦は先発の川崎がよく粘りました。130に届かない速球と100キロを切る変化球で山梨学院打線を翻弄しました。負けてしまったが、山梨学院打線を2点で抑えたのはかなり自信になったと思います。

 

山梨学院は東海大市原望洋と対戦、望洋のエースに金久保に山梨学院打線がどう立ち向かうのか楽しみです。

 

秋季関東大会1回戦 清原球場

山梨学院 000 011 000|2 吉松(81/3)、栗尾(2/3)

霞ヶ浦  010 000 000|1 川崎(9)