読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

きゅーいちのあれ(仮)

だいたい野球のこと

群馬2位、健大高崎の秋の戦歴

【勝ち上がり】

2回戦 桐生工 10―0(6回コールド)

3回戦 富岡 11―1(6回コールド)

準々決勝 樹徳 5―0

準決勝 高経大附 9―0(7回コールド)

決勝 前橋育英 3―4

 

 

前チームからの主力が多く残る中、前評判通り、圧倒的な勝ち上がりを見せ、準々決勝の樹徳戦では昨年のリベンジを果たす勝利を果たしたが、3季連続の決勝カードとなった前橋育英戦では9回に追い上げを見せるも惜敗。これで前橋育英には4連敗となった。

 

【投手】チーム防御率1.03

前チームから活躍する伊藤が大黒柱。サイドハンドから投げるストレートとスライダーは右打者は苦労するだろう。この秋は全5試合に登板し、22回を投げ、防御率0.82。だが、制球に不安があり、前橋育英戦では4回で4つの四死球を出してしまった。これから上位のチームと対戦するにあたって、やや不安材料ではある。伊藤が1人で投げ切ったのは樹徳戦だけであり、後は継投である。大事な試合は伊藤に託すということだろう。

 

伊藤 22回14安打18三振8四死球2自責 防御率0.82

小野 2回0安打3三振0四死球0自責 防御率0.00

向井 5回2安打5三振1四死球0自責 防御率0.00

竹本 4回4安打3三振0四死球2自責 防御率4.50

桝澤 2回1安打0三振1四死球0自責 防御率0.00

 

【野手】チーム打率.324

健大高崎と言えば機動力野球だが、秋の大会は20個の盗塁を決めた。しかし、前橋育英戦では盗塁0に終わった。それでも打線は強力であり、機動力を使わずとも今年は勝てるチームである。1番の湯浅はチームトップの打率.462出塁率.650盗塁6つを決め、トップバッターとして十分すぎる働きをした。2番の小野寺も打率.385出塁率.579盗塁6つを決め、主軸へ繋ぐ働きをしている。3番の安里は怪我で離脱していたが、樹徳戦で復帰。3試合で12打数5安打4打点、長打も3本記録しているなど、影響はない。4番の山下はチームトップの5打点を記録。四死球も6つ選ぶなど選球眼も兼ね備えている打者だ。

5番から流動的になり、前橋育英と比べるとやや弱い印象を受ける。下位が繋げばどこからでも点が取れる打線となるだけに奮起してもらいたい。

 

(遊) 湯浅 .462(13-6)0本 1打点 6盗 出.650

(左) 小野寺 .385(13-5)0本 1打点 6盗 出.579

(二) 安里 .417(12-5)0本 4打点 0盗 出.417

(一) 山下 .308(13-4)0本 5打点 1盗 出.526

(右) 安藤 .273(11-3)0本 2打点 0盗 出.385

(三) 渡口 .357(14-5)0本 3打点 1盗 出.444

(中) 今井 .286(14-4)0本 2打点 1盗 出.333

(捕) 大柿 .333(15-5)0本 2打点 0盗 出.375

(投) 伊藤 .154(13-2)0本 3打点 0盗 出.154

津布久 .143(7-1)0本 0打点 1盗 出.333

大越 .600(5-3)0本 4打点 2盗 出.667