読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

きゅーいちのあれ(仮)

だいたい野球のこと

群馬1位、前橋育英の秋の戦歴

【勝ち上がり】

1回戦 桐生市 5―0

2回戦 市太田 9―0(7回コールド)

3回戦 前橋商 6―1

準々決勝 高商大附 11―1(5回コールド)

準決勝 高崎 10―0(5回コールド)

決勝 健大高崎 4―3

 

今夏ベスト8の桐生市商、強豪校の前橋商に完勝し準々決勝、準決勝では圧勝、3季連続の決勝カードとなった健大高崎戦は接戦を制し、3季連続の優勝となった。

 

【投手】

前チームから活躍する本格派右腕の吉澤皆川の2枚看板に加え、140km/hを超える速球を誇るサウスポーの丸山、190cm超右腕根岸と様々な投手がいる。しかしどの投手も制球が難点。また、1人が1試合を全部投げ抜くという試合が無かったので、大事な試合で接戦となった場合どうするのかが、気になる。吉澤は夏の甲子園で苦い経験をしているので、選抜に出場して夏のリベンジを果たしてほしい。

 

【打線】

3番戸部、4番飯島の主軸は強力だが、1番注意しなければならないのは、1番の丸山インコースの難しいボールもセンターへ打ち返し、アウトコースのボールは簡単にレフトへ打ち返す。一発長打も秘めており、相手にとって脅威である。下位にも吉澤健大高崎戦でホームランを放った飯塚が控えており、引けをとらない。

 

 

投手、野手ともにいい選手がそろっており、関東大会の戦いが楽しみである。勝ち抜いて、選抜出場を果たしてほしい。