読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

きゅーいちのあれ(仮)

だいたい野球のこと

秋季群馬県大会準決勝 健大高崎―高経大附

ここまで投打ともに圧倒的な力を見せている健大高崎と前の試合は1―0の勝利を収めた高経大附。

関東大会の切符を掴むのはどちらか

 

<<試合経過>>

健大高崎の先発は伊藤。初回はサイドからのストレートと切れ味鋭いスライダーで三者凡退スタート。

高経大附の先発は常磐戦完封した高澤。いきなり1番の湯浅に四球を与え、キャッチャーの高橋幸が逸らすが、湯浅が間に挟まれラッキーな形で1アウトを奪う。しかし、2番小野寺、3番安里に連続安打を浴び、4番山下には四球、5番渡口はセンターへ前に落ち、1塁ランナーの山下はアウトになるが、小野寺が還り先制した。6番今井はサードゴロだったが、今井の足を気にしたかサードの高橋周が悪送球。2者が生還し、3点目。7番の津布久に死球を与えると、8番伊藤、9番大柿、打者一巡し、1番湯浅3連続タイムリでさらに4点を奪い、この回だけで7点を先制した。

2回から高経大附は4番でセンターの植原がマウンドに上がる。力のあるストレートと落差のあるスライダーで2、3回は三者凡退に抑える

4回は植原は満塁のピンチを背負い、6番今井の場面でワイルドピッチで健大高崎8点目。6回は高橋知がマウンドに上がり、1アウト3塁から安里ファーストゴロの間に1点が入り、9点目

健大高崎は3回から継投に入り、竹本桝澤小野向井がそれぞれ抑え、1安打完封。健大高崎7回コールド関東大会出場を決めた。

 

<<寸評>>

この試合でも投打に圧倒し、健大高崎が関東大会出場を決めました。

高経大附はミスが目立ちましたね。サードのエラーで2点を奪われ、その後も4点を加えられたことを考えるとこれが一番痛かった。高澤も健大打線が高めに浮いた球を見逃さず打たれてしまった。

そんな中で2番手でリリーフした植原が素晴らしかった。力のあるストレートと落差のあるドローンとしたカーブ(?)で3回を1失点。3番手のサウスポー高橋知も先頭バッターをエラーで出塁許したが、健大の上位打線を完璧に抑えていた。

そしてキャッチャーの高橋幸は正確な送球が目についた。4つ盗塁を許したが、2つは1.3塁での1塁ランナーの盗塁。1つは牽制で誘い出したが、2塁に進塁されたもの。もう1つも素早いスローインドンピシャな送球で間一髪セーフになったものであり、さらに2つの盗塁も刺している。

体格のいい選手もそろっており、来年期待が出来るチームである。楽しみなチームがまた出来ました。

健大高崎は打線は相手のミスに付け込み点を取った。7点取った後はやや淡泊になったのが気がかり。

投手陣は5人の継投。伊藤は右のサイドスロー、竹本、桝澤は左の健大高崎量産型左腕、小野、向井は速球型右腕と様々な違うタイプの投手が出てきた。この投手陣が決勝、関東でどう通用するのか楽しみです。

 

秋季群馬県大会準決勝 桐生球場

高経大附 000 000 0|0 高澤(1)、植原(4)、高橋知(1)

健大高崎 700 101 X|9 伊藤(2)、竹本(1)、桝澤(2)、小野(1)、向井(1)