読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

きゅーいちのあれ(仮)

だいたい野球のこと

秋季群馬県大会準々決勝 高崎―前橋西

僅か部員10人でベスト8まで勝ち上がってきた前橋西。

前の試合ではシード前橋相手に9回に2点差をひっくり返し、金星を上げました。

同じくシードの高崎相手にも金星を上げることができるのか。

 

<<試合経過>>

前橋西の先発はサイドスローの森田。いきなり1アウト2、3塁のピンチを迎えるも4番緒方をセカンドゴロ、5番樺澤をサードゴロに打ち取りピンチを切り抜ける。

ピンチを切り抜けた前橋西は高崎の先発、背番号10の金澤を攻め、1アウト1、2塁のチャンスを迎え、4番濱田。ライトの頭を深々と越すタイムリー3ベースで2点を先制。

高崎は3回に2アウト2塁のチャンスで3番星野がタイムリーを打ち1点差とするが、その裏に4番濱田のライトへの犠牲フライを打ち、再び2点差。

その後は高崎は森田の緩急にやられ、ヒットが出ず、前橋西はヒットは出るものの、あと1本が出ず、追加点が取れない。

7回、高崎はついに森田を捉える。先頭の森田がレフトへの2ベース、続く鈴木がヒット、盗塁で0アウト2、3塁とする。8番金澤がレフトへヒットを打ち、1点差。0アウト1、3塁から1塁ランナー金澤が盗塁をし、これをキャッチャーが悪送球。3塁ランナーの鈴木が還ってきてついに同点。1アウト後、1番宮本がイムリを放ち、逆転した。

7、8回と前橋西はチャンスを作るも、得点できず、9回は金澤に三者凡退に抑えられ、高崎が逆転勝ちベスト4へ進んだ。

 

<<寸評>>

高崎が粘り勝ちで前橋西を下しました。

前橋西はとてもバットが振れていました。9回以外は毎回安打で11本のヒットを放ち、後1本が出ませんでした。ここは高崎の先発金澤がよく粘りました。1番小澤、2番松崎、3番高瀬、8番小此木が2安打。4番濱田が3打点。守備ではショートの植田が守備範囲が広く、難しい打球を何度もアウトにしました。前橋西は部員10人でしたが、とてもいいチームでした。

高崎は前の試合ではヒットが出ても点が取れない歯痒い試合でしたが、この試合はワンチャンスを物にし、勝てたのはよかったです。5年ぶりの関東大会に向け、いい試合が出来たと思います。

 

秋季群馬県大会準々決勝 桐生球場

高崎  001 000 300|4 金澤(9)

前橋西 201 000 000|3 森田(9)