読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

きゅーいちのあれ(仮)

だいたい野球のこと

秋季群馬県大会準々決勝 健大高崎―樹徳

昨年秋11―1の5回コールドで健大高崎を下した樹徳。

その試合に出ていたメンバーが多く残り、悔しさを知る健大高崎のリベンジか、一方昨年秋からエースとして、健大戦でも抑えた小寺擁する樹徳が返り討ちにするか。

 

<<試合経過>>

健大高崎の先発はエースの伊藤。2回に1アウト2塁のピンチを迎えたが、見事な牽制で2塁ランナーを刺し、ピンチを脱する。

樹徳の先発は背番号6の森山。こちらもテンポのいいピッチングで健大打線を打ち取る。

先制したのは健大高崎。3回に先頭の湯浅がヒットを放つと、3番安里の場面で盗塁。これをキャッチャーが悪送球をし、湯浅は3塁へ。さらにセンターがもたついている間に湯浅は一気にホームを陥れる好走塁で健大高崎が先制した。

6回には4番山下がヒット、5番安藤が死球、代打の大澤がバントで1アウト2、3塁。7番渡口がセンターへ犠牲フライを放ち1点、センターが3塁への悪送球で安藤も還りもう1点を加えた。

7回、樹徳は森山からエースの小寺にスイッチ。先頭の湯浅に四球を与えるとすかさず今日3つ目の盗塁。3番の安里が右中間真っ二つの3ベースで4点目。その後満塁とし、小寺に代わった斎藤が大澤の打席で暴投、5点目を加えた。

健大高崎、伊藤は9回もマウンドに上がり2安打を浴びるも後続を断ち、完封勝利。5―0で昨年のリベンジを果たし、関東大会へ王手となった。

 

<<寸評>>

健大が貫録の勝利。8安打5得点、2得点は相手のミスですが、10得点した桐生工戦よりバットが振れていてよかったと思います。

伊藤はストライク先行でとてもよかった。ピンチにも冷静に周りを見えていた印象。

そして、3番に安里が復帰! 彼がいるだけで打線の厚みが違いますねえ。長打を2本に守備もしっかりこなし、安心しました。ベースランニングがとても速かったです。

今日1番目立ってたのは1番の湯浅ですね。2安打1四球3盗塁とリードオフマンの仕事をキッチリこなしていました。守備範囲もとても広く好走守全てにおいて欠かせない選手です。

一方の樹徳。失策3つ、牽制死2つ、5四死球にワイルドピッチとミスの連続。ほとんどが失点につながったのは痛かった。

先発は小寺ではなく森山で「なんだよ小寺投げねえのかよ」と思いましたが、森山はテンポよく投げ、健大打線を苦しめました。3失点ですが自責は(多分)1だろうし、よかったです。打っても2安打。投打で存在感を見せました。

しかし昨年秋から主力投手の小寺は僅か2/3しか投げずにマウンドを降りた…。調子が悪いのか、去年の姿は見えなかった。夏は調子を戻して森山と2枚看板を築いてほしいですね…。

 

秋季群馬県大会準々決勝 桐生球場

樹徳   000 000 000|0 森山(6)、小寺(2/3)、斎藤(11/3)

健大高崎 001 002 20X|5 伊藤(9)