読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

きゅーいちのあれ(仮)

だいたい野球のこと

2017春季群馬県大会

春季群馬県大会準々決勝 高崎―伊勢崎清明 幻惑のスローカーブ

伝統校の高崎と新興勢力の1つ伊勢崎清明の対戦。 伊勢崎清明先発は関。初回2アウト2塁のピンチを背負い、4番星野、5番樺沢の連続2ベースで2点を先制。6番緒方が四球で歩き、7番森田は1塁への平凡なフライだったが、ファーストがボールと太陽と重な…

春季群馬県大会準々決勝 健大高崎―桐生南 強豪校に連勝、勢い続くか

桐生南は2回戦では高崎商に3―0で快勝、続く3回戦シード樹徳も4―2と破りました。今日の相手は健大高崎と強豪校との試合が続きます。昨年夏は東宮投手を擁し、健大高崎に5―7と惜敗。その借りを返したいところです。 桐生南の先発は右サイドスローの横…

春季群馬県大会2回戦 健大高崎―桐生第一 強豪校相手にも見せる強さと余裕

2回戦最大の注目カードとなった選抜帰りの健大高崎と昨年春から結果が残せていない桐生第一。群馬県内では対照的になってきた強豪校同士の対戦でした。 健大高崎の先発はサウスポー竹本。まず初回先頭の金田にヒットを打たれますが、2番の下間が2つ送りバ…

春季群馬県大会1回戦 高経大附―東農大二 流れを変えるエースの役割

昨年秋県ベスト4に勝ち進んだ高経大附と好投手経田を擁する東農大二が初戦で激突する注目の一戦となりました。 高経大附は秋は控え投手だったサウスポー高橋知が背番号1を背負い先発。東農大二は背番号10の右サイドスロー菅沢が先発。 まず初回、先攻の…