きゅーいちのあれ(仮)

だいたい野球のこと

高校野球

19.10.21 秋季高校野球関東大会準々決勝 桐光学園―桐生第一

初戦霞ヶ浦を4―2で振り切った桐光学園とスーパーシードで初戦となる桐生第一の一戦。 桐生第一の先発はサウスポーの宮下。球速こそ120前後という表示のものの、変化球もスライダーや大きなカーブを織り交ぜ、相手に的を絞らせず、ストレートもインを抉るク…

19.10.21 秋季高校野球関東大会準々決勝 山梨学院―花咲徳栄

共に1回戦は11得点と打線が機能し、初戦を突破してきた山梨学院と花咲徳栄。 山梨学院の先発はサウスポーの吉川。120km/h中盤のストレートながら緩急を武器に相手を翻弄する投手。初回はサードのエラーで先頭の出塁を許しますが、続く2番浜岡をセカンド…

19.10.20 秋季高校野球関東大会1回戦 常総学院―健大高崎

投打がかみ合い危なげなく茨城1位で勝ち上がってきた常総学院と地元開催で群馬3位で関東大会に挑む健大高崎の一戦。 先制したのは健大高崎。2回に6番先頭の橋本脩が右中間の3ベースでチャンスを作ると、7番下が左中間への2ベースで幸先よく先制します…

19.10.20 秋季高校野球関東大会1回戦 青藍泰斗―西武台

接戦をものにし栃木1位で勝ち上がってきた青藍泰斗と好投手を打ち崩し埼玉2位で23年ぶりの関東大会に進んだ西武台の一戦。 西武台は初回から打線の力を見せます。1アウトから2番小松がセンター前ヒット、2アウト後4番松木がライト前ヒットを放ち、初…

19.10.19 秋季高校野球関東大会1回戦 習志野―前橋育英

激戦区千葉県を1位で勝ち上がってきた習志野と地元前橋育英との試合。習志野は例の応援団が集まり、前橋育英はブラバン無しとどっちがホームか分からない状況。実際初めて聴きましたが圧があり、グラウンドにいる選手は飲み込まれないようにするのが大変だ…

19.10.19 秋季高校野球関東大会1回戦 東海大相模―駿台甲府

打撃力を武器に神奈川県大会1位で勝ち上がってきた東海大相模と1位の山梨学院と互角に延長まで戦い山梨2位で関東大会に進んだ駿台甲府の一戦。 東海大相模の自慢の打線は初回から火を噴きます。1番鵜沼はショートへのボテボテの当たりでしたが、俊足を活…

19.09.29 秋季高校野球群馬県大会決勝 桐生第一―前橋育英

勝てばスーパーシード、関東大会1勝分の価値があるこの試合。前橋育英は1年生左腕菊池、桐生第一も2年生左腕の宮下、両エースが連投となりました。 前橋育英 先発菊池 桐生第一 先発宮下 先攻の桐生第一は初回から菊池を攻めます。この試合1番に座った飯…

19.09.29 秋季高校野球群馬県大会3位決定戦 樹徳―健大高崎

関東大会出場の最後のイスを決める重要な一戦。樹徳の先発は準々決勝では好投を見せたが、準決勝では登板しなかった1年生右腕の柏崎。その柏崎から初回、健大高崎の2番に座った古滝が高めのストレートを弾き返し、ライトスタンドへのホームランで先制。 先…

19.09.22 秋季高校野球群馬県大会準々決勝 前橋育英―伊勢崎清明

伊勢崎清明の先発はサウスポーの加川。立ち上がり制球が定まらず、初回先頭の飯野にストレートの四球を与えると、2番髙橋は送りバントでピッチャー前に転がすも、ベースカバーが遅れセーフに。3番諸田もヒットで繋ぎ無死満塁とし、4番須永が犠牲フライ、…

19.09.22 秋季高校野球群馬県大会準々決勝 健大高崎―前橋商

今夏は初戦で涙をのんだ健大高崎と準優勝の前橋商の一戦。 先手を取ったのは前橋商。2回、制球が定まらない健大高崎の先発、下から先頭の星野がヒットで出塁し、パスボールとバントなどで2アウト3塁とすると、8番ピッチャーの伊藤がレフト頭上を越えるタ…

19.09.21 秋季高校野球群馬県大会準々決勝 桐生第一―常磐

常磐は2回戦で市立太田に最終回5点差をひっくり返し勝利、3回戦ではシード高崎商相手に打撃戦を制し、17年夏以来の県大会ベスト8まで勝ち上がってきました。 勢いに乗る常磐の先発は木村。初回は2番曽我、3番加藤に連打を浴び、ピンチを背負いますが、…

19.09.21 秋季高校野球群馬県大会準々決勝 館林―樹徳

シード校同士の試合となった一戦。 館林の先発は今井。ストレート、変化球ともに制球力が抜群で樹徳打線も序盤は手が出ず。初回は2番の石井がインコースのストレート見逃し三振。3回には7番田上をストレートで空振り三振、8番を宮澤も外へ逃げるボールで…

19.09.14 秋季高校野球群馬県大会3回戦 桐生第一―安中総合

桐生第一の先発は蓼原。足を高く上げ、キレのある速球が持ち味の右のエースです。 その蓼原から初回、安中総合打線は1アウトから制球が定まらない蓼原から2番大畑が四球を選び、続く3番檜木がちょこんと変化球に合わせ、ライトへ落とすバッティングで1ア…

19.09.07 秋季高校野球群馬県大会2回戦 前橋育英―大間々

中央中等を破って、初戦を勝ち上がった大間々とこれがこの秋初戦となる前橋育英。 このカードを見ると、大間々が大川投手を擁して選抜帰りの前橋育英を撃破したのを思い出します。(あれがもう8年前か……) その再現となるか初回の大間々の攻撃。2アウトか…

19.09.01 秋季高校野球群馬県大会1回戦 高崎商-吉井

シード高崎商と吉井の対決。 高崎商の先発は原田。大きいテイクバックから投げ下ろす2年生右腕。 高崎商、先発原田 初回はボールが上擦ることが多く、3四球で満塁としますが、6番伊藤をファーストゴロに打ち取り、0に抑えます。 吉井の先発も2年生右腕…

19.08.31 秋季高校野球群馬県大会1回戦 前橋工-安中総合

1回戦屈指の好カードとなったこの試合。安中総合の先発は清水。初回1番小林悠にセンター前ヒットを打たれますが、後続を打ち取り、初回を0で終えます。安中総合、先発清水前橋工の先発は佐藤。長身から威力のあるストレートが武器の右腕です。こちらも初…

個人的2019年秋の高校野球群馬県大会展望

【館林―樹徳ブロック】 館林はピッチャー今井、キャッチャー小林の経験値豊富なバッテリーを擁する。藤岡中央と明和県央は前チームから主力のメンバーが多く残る。特に藤岡中央の門馬を彷彿とさせる原田、明和県央の長身ピッチャー渡辺と投手戦が予想されそ…

19.07.07 選手権群馬県大会1回戦 中央中等―安中総合

中央中等の先発は3年生右腕の名古屋。初回は1アウトから2番大畑が右中間への2ベース、さらに中継がもたつく間に3塁を陥れる好走塁でいきなりのピンチでしたが、3番檜木を浅いレフトフライ、4番中島をセカンドゴロに仕留め、ピンチを脱します。 安中総…

19.07.07 選手権群馬県大会1回戦 桐生第一―藤岡中央

11年ぶりの夏の甲子園を目指す桐生第一は二枚看板の1人、本木が先発。130中盤のストレートと120キロ前後のスライダー、100キロに満たないカーブを武器に3回まで1安打無失点と完璧なピッチング。 昨夏ベスト8の藤岡中央の先発は2年生右腕の原田。130前半…

個人的2019年夏の高校野球群馬県大会展望

【前橋育英―市立太田ブロック】 夏4連覇を狙う前橋育英は投打に充実。エースの梶塚を軸に今年の春は阿部、川島と経験を積んだ。打はセンス溢れる丸山と強打のセカンド剣持を中心に得点を重ねる。秋ベスト4の渋川青翠はインステップから力強いストレートが…

19.04.28 春季群馬県大会準々決勝 健大高崎―前橋商

前橋商の先発は右の佐藤。130中盤のストレートと120前半の変化球を織り交ぜ、3回までパーフェクトピッチ。しかし2巡目の4回。1アウト1塁から3番田口にレフトへの2ランホームランを浴び、この日初めてのヒットで2点を失います。続く4番伊藤、5番宮…

19.04.28 春季群馬県大会準々決勝 桐生第一―市立太田

昨春と同じ対戦となり、その試合では市立太田がコールドで桐生第一を降しました。 桐生第一の先発はその試合で2回5失点とコールドのきっかけとなってしまった杉山が。130中盤のストレート(最速138km/h)と120キロ中盤のキレのあるスライダー、そして100キ…

19.04.27 春季群馬県大会準々決勝 前橋育英―伊勢崎清明

冷たく強い風がレフトからライトに流れ、前半は小雨が降るコンディションの中での試合。 夏秋県3連覇を狙う前橋育英の先発はエース梶塚。前回の東農大二戦では8失点と乱調でしたが、この試合はコントロールが荒れることなく130中盤のストレート(最速は138…

19.04.21 春季群馬県大会2回戦 高経大附―安中総合

昨秋県ベスト4の渋川青翠を破り、勢いに乗る高経大附の先発は右の萩原。外への逃げるボールのコントロールは抜群で、安中総合打線に的を絞らせません。 安中総合の先発は星稜の内山、寺西、二松学舎の山田らと共にBFA U-15日本代表でアジア制覇に貢献1人し…

19.04.13 春季群馬県大会1回戦 伊勢崎清明―高崎

昨秋県ベスト8の伊勢崎清明の先発は2年生サウスポーの背番号1を付けた加川。昨秋の健大高崎戦では敗れたものの、加川は3回2/3を無失点に抑えました。力強いストレートを武器にテンポの良いピッチングで序盤3回を0に抑えます。 高崎の先発もサウスポー…