読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

きゅーいちのあれ(仮)

だいたい野球のこと

秋季関東大会準決勝 作新学院(栃木1位)―健大高崎(群馬2位) 試合巧者同士の対決

2016秋季関東大会

夏春連覇を目指す作新学院と1年ぶりの甲子園を目指す健大高崎の対戦。

試合巧者同士の対戦だが軍配はどちらに。

 

<<試合経過>>

健大高崎の先発はエースの伊藤。その伊藤だが、2回3連打で満塁のピンチを背負うと、9番の加藤ライトへのタイムリを打たれ、作新学院先制した。

作新学院の先発はサウスポーの大関健大高崎打線を全く寄せ付けず、4回まで無安打ピッチングの快投。

作新学院は5回1番鈴木、2番添田がチャンスを作ると、3番中島犠牲フライ2点目

その裏の健大高崎は1番湯浅がチーム初のヒットとなる内野安打で出塁するが、後続が打ち取られ、得点が奪えない。

8回は作新学院は相手の暴投健大高崎安里犠牲フライで両校1点ずつ加え、9回は作新学院鈴木イムリー2ベースでダメ押しの2点をさらに加えた。最後は関が締めて、試合の主導権をガッチリ離さなかった、作新学院決勝進出を果たした。

 

<<寸評>>

最初から最後まで作新学院ペースで試合が進みました。点差以上の差を感じましたね。

大関9回2安打1失点と完璧なピッチング。低めにストレートとチェンジアップを集め、健大打線に的を絞らせませんでした。

健大高崎は2安打では何もできませんね。伊藤と向井がまずまずだったのは収穫でしょうか。恐らく健大高崎も選抜当確なので冬は課題をしっかり潰してほしいですね。

 

秋季関東大会1回戦 清原球場

作新学院 010 010 012|5 大関(9)

健大高崎 000 000 010|1 伊藤(6)、向井(2)、小野(2/3)、竹本(1/3)

秋季関東大会準決勝 東海大市原望洋(千葉1位)―前橋育英(群馬1位) 投打に活躍、両チームの大黒柱が躍動

2016秋季関東大会

東海大市原望洋はエース金久保を擁し、2試合連続で盤石の試合を展開。

前橋育英は2試合連続で逆転で勝ち上がってきた。

対照的に勝ち上がってきた2校。決勝に進むのはどちらか

 

<<試合経過>>

前橋育英の先発は吉澤。いきなり初回に満塁のピンチを背負うも、6番瀬川を三振に取りピンチを切り抜ける。

東海大市原望洋の先発は金久保。こちらも初回、先頭の丸山ライトへ3ベースを打たれると、2番の飯塚セカンドゴロの間前橋育英先制した。

東海大市原望洋の反撃は3回。0アウト1、2塁で4番の金久保センターへの3ベースで一気に逆転。その後も攻撃を緩めることなく、8番の塚越、9番の鯨井連続タイムリ一挙5点をもぎ取った。

4回から前橋育英は2試合連続で好リリーフをみせ逆転に繋げた丸山がマウンドへ。3番荒金、4番金久保を三振に取り、流れを変える。

すると前橋育英は5回に9番黒澤イムリ、6回には5番皆川犠牲フライで2点差まで詰め寄る。

前橋育英丸山は、ヒット1本に抑えるピッチング、望洋の金久保はランナーを出すものの要所を抑えるピッチングを展開。

最後は金久保が9回を三者凡退に抑え、東海大市原望洋が千葉県勢としては3年連続となる決勝進出を果たした。

 

<<寸評>>

東海大市原望洋の金久保が投打の活躍で決勝進出を果たしました。やはり彼のスライダーのキレは抜群9回7個の三振、要所でしっかり抑えてきました。

前橋育英は3回の5点が重すぎました。その打たれた吉澤は今大会では全くいいところが見えず…。選抜は確定的ですのでしっかり調整してもらいたいです。一方丸山は評価をかなりあげたでしょう。打っては金久保から2安打、投げては6回1安打6奪三振0失点。彼の活躍がなかったらここまで進めていなかったでしょう。選抜で期待したいです。

 

秋季関東大会1回戦 清原球場

東海望洋 005 000 000|5 金久保(9)

前橋育英 100 011 000|3 吉澤(3)、丸山(6)

 

健大高崎、前橋育英、関東大会ベスト4進出

2016秋季関東大会

関東大会準々決勝で健大高崎が横浜に、前橋育英慶應義塾に勝利し、これで選抜のボーダーラインとなるベスト4へ進出し、選抜出場はほぼ確実となりました。2校選出となれば、健大高崎、高崎が出場した2012年以来。前橋育英は2011年以来の2度目健大高崎は2015年以来の3度目となります。

 

健大高崎はこのブログでも言ってるように今年のチームは機動力を使わなくとも勝てるチームです。横浜戦では盗塁0。ただ盗塁だけが、機動力ではなく常に先の塁の意識を持ち、相手にプレッシャーをかけるのは毎年練習していること。このチームにもその意識はあるでしょう。

正直勝てるとは思ってなかったですが、エースの伊藤がソロホームラン2本に抑え、伊藤の作ったピンチを火消しした向井も見事だった。

打線も湯浅安里山下と主軸が仕事をした。

前橋育英吉澤が不安定なのは気になるが、2試合連続で好リリーフした丸山が逆転勝ちの流れを持って来た。

2試合連続で3点差ビハインドをひっくり返した打線の粘り強さも見事。ただ前橋育英はもっとやれるはずだと思います。

 

2校とも全国制覇を狙えるチーム。一冬越え、まだ選抜優勝はしたことない群馬に優勝旗をもたらしてほしいです。

まだ関東大会は続きます。あわよくば優勝し、神宮大会に出場してほしいと思っています。

秋季関東大会1回戦 明秀日立(茨城1位)―健大高崎(群馬2位) 夏はあと一歩同士。甲子園にかける思いは強い

2016秋季関東大会

明秀日立、健大高崎共に今年の夏は県大会決勝で敗れた。

健大高崎はこの1年間は甲子園から遠ざかり、明秀日立は毎年あと一歩のところで甲子園を逃している。

どちらも甲子園にかける思いは強く大事な一戦だ。

 

<<試合経過>>

健大高崎の先発は背番号10のサウスポー竹本。初回は死球で1人ランナー出すも、0に抑えた。

明秀日立の先発はサイドスロー。先頭の湯浅にヒットと盗塁を決められ、1アウト3塁のピンチを作るも、3番安里、4番山下を抑え、こちらも0スタートとなった。

明秀日立の2回の攻撃。2アウトから7番泉が四球で出塁すると、8番の細川はセンターへの2ベース。1塁ランナーの泉はホームを狙うが、センターの今井、ショートの湯浅、キャッチャーの大柿の完璧な中継プレーでホームタッチアウトとなる。

続く3回には竹本の制球が定まらず、3つの四死球で満塁とすると4番芳賀にも頭部へ死球を当て、押し出しとなり、明秀日立が1点を先制した。竹本から背番号1伊藤へスイッチ、1アウト満塁から後続を切り、流れを変える。

その裏、健大高崎の攻撃、1アウト2、3塁のチャンスを作ると2番の小野寺が、ライトへのタイムリですぐさま逆転。続く安里は打った瞬間ライトへ消える2ランホームランを放ち、さらに突き放す。その後も2アウト2,3塁から7番渡口ショート内野安打でもう1点加え、この回は打者10人の猛攻で5点を取った。

続く4回にも1アウト2、3塁から安里がこの日4打点目となる2点タイムリを放ち、1アウト1,3塁から5番高山が見事なスクイズ8点目を取る。

健大高崎はその後、6回は向井、7回は小野が0に抑え、7回コールド勝ちを収めた。

 

<<寸評>>

エースを投入した後、流れを引き寄せた健大高崎が見事な勝利でした。県大会でも好調だった湯浅小野寺安里が今日も活躍し、好調を維持。5番に抜擢された高山も2安打放つなど、打線は問題なかったですね。県大会では背番号10だった小野が背番号2で最終回マウンドに上がりました。初球いきなり142km/h出すと球場がざわついていました笑。結局今日の最速は143km/hでした。

一方の明秀日立、右サイドのは初回、2回と低めに集めていた印象でしたが、3回はばたついて焦りが見えました。そこを健大高崎は逃しませんでした。粂の後を承けた細川は先日ドラフト会議で横浜DeNAにドラフト5位指名された細川成也の弟です。兄と同じく投手と野手の兼業をし、まだまだ粗削りですが、1年生なのでこれからが楽しみな選手です。

もう1人、1番でショートを守る増田が気になりました。打席でも存在感があり、自分の間で待てるので、2年生なのかなっと思いましたが、なんと1年生。ここまで完成度の高い1年生はなかなかいないのではないでしょうか。もっとも目を引いたのは守備で、守備範囲が広く、ハンドリングも軽やか。今年見たチームの中で1番上手いと思ったショートでした。

上で紹介した増田や細川の他にも4番の芳賀は1年生で主軸が若い。それでいて秋は県を制覇するのだから、この夏茨城を制覇する可能性は十分高い。悲願の甲子園へ、また一冬越えて期待したいです。

 

秋季関東大会1回戦 栃木県民球場

明秀日立 001 000 0|1 粂(31/3)、細川(22/3)

健大高崎 005 300 X|8 竹本(21/3)、伊藤(22/3)、向井(1)、小野(1)

秋季関東大会1回戦 浦和学院(埼玉1位)―横浜(神奈川2位) 名門の意地のぶつかり合い

2016秋季関東大会

浦和学院と横浜、高校野球を引っ張る両校が関東大会1回戦で激突。

9時半試合開始で、僕も7時前に球場到着しましたが、すでにバックスクリーン裏まで長蛇の列。7時半くらいに開場され、スムーズに球場に入ることができました。試合開始までには内野席は埋まり、外野も開場されました。

名門の意地をかけ負けられない闘いが始まります。

 

<<試合経過>>

浦和学院の先発は1年生サウスポーエースの佐野。1回表、横浜はいきなり1アウト2塁のチャンスを作り、3番の増田が粘って、佐野のストレートを弾き返し、横浜が先制。横浜の先発も1年生サウスポーエース板川。その裏、浦和学院も1アウト1、2塁のチャンスを作るが、4番杉山が併殺打に倒れた。

3回、横浜は2アウト満塁のチャンスで4番万波レフトへのタイムリを放ち追加点を加える。

さらに4回横浜打線が止まらない。2アウト1、2塁から1番齋藤、2番渡辺連続タイムリ。佐野の暴投で1点。最後は3番増田がこの日2本目のタイムリでこの回4点を奪った。

なんとか少しでも点差を詰めたい浦和学院は3番の蛭間が滞空時間が長い、ライトへのホームランでようやく1点を還す。さらに3連打で1アウト満塁とするが、7番秋山がサード併殺打に倒れ、板川を畳みかけられない。

ピンチを凌いだ横浜は1アウト3塁のチャンスで7番山崎イムリを放ち、取られた後に取り返した。

その裏の浦和学院は2イニング連続で1アウト満塁のチャンスを作るも、3番蛭間がショートフライ、4番杉山がショートゴロでまたも板川が凌ぐ。

浦和学院は佐野を諦め、長身右腕の渡辺が6、7回を0に抑えると、7回裏に0アウト1塁から9番森川のセンターの頭上を越えるイムリー2ベース2点目を奪う。なおも0アウト2塁だったが、1番の矢野の鋭い当たりも、サードの渡辺が、ダイビングキャッチするなど、この回もチャンスを活かせず。8回からはサウスポーの清水をマウンドに送り、2イニングを0に封じ、最後の攻撃に掛けるが、最終回も板川に抑えられ、投打がガッチリ噛みあった横浜が勝利した。

 

<<寸評>>

7点は奪われたものの、浦和学院のエース佐野は光る物を見せてくれました。鋭い腕の振りから、ストレートのMAXは138km/h、そして最大の武器であるスライダー5回で8奪三振。暴投も4つ記録し、それを考えると、かなりのキレ味なのでしょう。しかしその暴投が点に結び付いてしまったのが、痛かったです。これは夏に向けてのバッテリーの課題でしょう。

打線も10安打を放ちながら、2点止まり。併殺打も3つ記録するなど、拙攻が目立ちました。かなりレベルが高い選手がそろってるだけに、今度は4年ぶりの夏の甲子園行きの切符を掴みたいところです。

一方の横浜のエース板川は9回10安打を浴びながらも、2失点と粘りのピッチング。浦和学院にやや救われた印象もあるが、キャッチャーの福永が頻繁にマウンドに行って、板川に声をかけていたのがよかったのかもしれない。打線は1~4番までで13打数7安打4四死球5打点と大当たり。好調な打撃陣で板川を援護し、選抜出場を掴み取りたい。

 

秋季関東大会1回戦 栃木県営球場

横  浜 101 410 000|7 板川(9)

浦和学院 000 100 100|2 佐野(5)、渡辺(2)、清水(2)

 

 

秋季関東大会1回戦 山梨学院(山梨1位)―霞ヶ浦(茨城2位) 両サウスポーの我慢比べ

2016秋季関東大会

今年の夏甲子園を経験したメンバーが多く残る山梨学院。自慢の強打はこのチームでも健在であり、夏は控えでこの秋はエースナンバーを背負う吉松を援護する。

 

霞ヶ浦はあと一歩で甲子園に出れないことは有名だが、関東大会の初戦突破率はかなりのもの。山梨学院を撃破し勢いに乗りたい。

 

<<試合経過>>

山梨学院は初回の攻撃、2アウト1、2塁と霞ヶ浦先発、サウスポーの川崎を攻めるが5番山本がセカンドゴロに倒れ無得点に終わった。

霞ヶ浦は2回に先頭の5番益子がセンターへ2塁打を放ち、6番鈴木が送ると、7番内野の合わせたようなあたりがセンターへ抜け1点を先制した。

先制された山梨学院先発、こちらもサウスポーの吉松だが、130中盤のストレートを武器に4回は4番から始まる攻撃を三者連続三振に切って取った。

リズムに乗った山梨学院は5回先頭の小澤が内野安打で出塁し、その後2アウト2塁とすると、1番関口はファーストへ平凡な当たり。だがピッチャーの川崎がややベースカバーに遅れ、内野安打に。さらにファーストの内野が悪送球をしてしまい、2塁ランナーの小澤は一気にホームまで生還し同点に追いついた。

続く6回は先頭の4番五十嵐がレフトへの鋭い当たりが一気にスタンドへ、勝ち越しとなるホームランを放った。

勝ち越してもらったあとの吉松はランナーを出すものの粘りのあるピッチングを展開。9回途中から夏の大会背番号1を背負った栗尾が登板し、最後を締めた。

 

<<寸評>>

山梨学院がエースと4番の活躍で勝利しました。吉松は安定したピッチングを見せ、霞ヶ浦を1点に抑えました。栗尾を投入したのが、カウントを整っているときに交代したのがちょっと疑問でしたが、その栗尾もしっかり抑えました。この2人がしっかりすれば、夏はかなり全国でも脅威になりますね。

4番の五十嵐の一発はまさに目の覚めるような一発、4番がここぞで打ってくれたのは頼もしいでしょうね。

個人的に気になったのが、2番を打つ広瀬。打っては2安打を放ち、守備でもライナーをジャンピングキャッチ、深いところからアウトにするなど攻守に光りました。山梨はいいショートが定期的に出ますがなにかあるんでしょうかね。

霞ヶ浦は先発の川崎がよく粘りました。130に届かない速球と100キロを切る変化球で山梨学院打線を翻弄しました。負けてしまったが、山梨学院打線を2点で抑えたのはかなり自信になったと思います。

 

山梨学院は東海大市原望洋と対戦、望洋のエースに金久保に山梨学院打線がどう立ち向かうのか楽しみです。

 

秋季関東大会1回戦 清原球場

山梨学院 000 011 000|2 吉松(81/3)、栗尾(2/3)

霞ヶ浦  010 000 000|1 川崎(9)

秋季関東大会1回戦 東海大市原望洋(千葉1位)―石橋(栃木2位) 地元での声援を背に、快進撃は続くか

2016秋季関東大会

群雄割拠の千葉県大会を1位で通過した東海大市原望洋。エースの金久保は今年の夏の大会では、先日のドラフトで千葉ロッテに3位指名された島孝明を押しのけ先発に抜擢されていた。ストレートは140中盤を超え、大きく曲がるスライダーが武器の本格派右腕。打線でも4番を務め、投打の要である。

 

一方の石橋はあれよあれよと栃木のシード校を次々と撃破。その原動力となったのはエースの竹内。地元での声援を受け、その右腕に選抜の運命はかかっている。

 

<<試合経過>>

初回石橋の攻撃、1番の伊藤は初球をセンターへ打ち上げると、続く2番の渡邊も初球を打ち、これはライトへの2ベースとなり、いきなりチャンスを作る。しかし、後続が倒れ先制とはならなかった。

その裏の東海大市原望。四球、ヒット、四球で1アウト満塁とすると、5番の大野レフトへ2点タイムリを放ち、石橋先発の竹内の立ち上がりを攻める。6番の塚本も続き1アウト満塁とするが、7番の樋口が併殺打に倒れ、竹内を攻めきれなかった。

3回までヒットが1本の石橋。4回に先頭の3番入江がヒット。4番前原がファーストへ送りバントをし、これをファーストがスルー。しかしボールがライン上に残り内野安打となった。その後2アウト満塁とし、8番安藤ライトのタイムリを放ち、1点を還す。続く9番佐藤は金久保のスライダーを見極め同点となる押し出しのフォアボールをもぎ取る。なおも満塁で1番伊藤。フルカウントまで粘るが最後はストレートに三振。ここは望洋のエース金久保が切り抜けた。

4回の望洋の攻撃は0アウト1、2塁のチャンスも2塁ランナーが牽制で刺されて後続も続かず、5回の石橋も0アウト1、2塁のチャンスを作るも、送りバントを失敗し、続くバッターも併殺打でどちらも攻めきれない。

5回の望洋の攻撃。1アウト2塁のチャンスに2番の藤本がライトの頭を超えるスリーベースヒットで勝ち越し、さらに3番荒川がしぶとくセンターへ運び4点目を加えた。

その後は両校チャンスを作るも、攻めきれず、8回は望洋が1アウト2塁で9番の鯨井ライトへのタイムリでダメ押しの1点を加えた。最終回は金久保がランナーを出すも、最後のバッターを三振に取り、苦しみながらも東海大市原望洋が勝利した。

 

<<寸評>>

まず石橋ですが、地元だけあって応援が凄かったです。土曜は学校がある日みたいなんですが、生徒が校長充てに署名をして今日応援できたみたいですね。

エースの竹内は腕を畳まず大きなテイクバックを取るいわゆる"アーム型"のピッチャーでした。そこから130半ばのストレートと彼の最大の武器であるスライダーを投げ込みます。スライダーは望洋打線はとてもてこずっていました。初回と5回はどちらも四球から点を取られたので細かなコントロールを身に着ければさらに成長していくと思います。

一方の東海大市原望洋。金久保はこの日のMAXは140km/hと寒さもあったのかあまりスピードが出ず。ただスライダーの切れは凄かった。4回はそのスライダーがことごとく見極められ、同点に追いつかれた。ゾーンに入ってきた変化球は全然なかったのではないだろうか。終盤は石橋が焦りを見せたのかスライダーに手を出す場面が多かった。まだまだ課題はたくさんあるだろうが、甲子園まであと1勝。世代を代表する可能性を秘めてる右腕がどこまで伸びるのか期待したいです。

 

秋季関東大会1回戦 清原球場

石橋 000 200 000|2 竹内(8)

望洋 200 020 01X|5 金久保(9)